いざという時のすすめ!ペットの為に備えるべき防災グッズ3選を紹介

ペットの為に備えるべき防災グッズ3選について

災害はいつ訪れるか分かりません。

いざという時にペットをしっかりと守るのは、飼い主の責任です。

その為、日頃から備えをしておきましょう。

そこで今回は、備えておきたい防災グッズについてご紹介します。

防災グッズ1 フード(非常食)

動物が生きていく上で、最も必要な物資は、食べ物です。

災害時でも、出来る限り、普段と同じ物を食べさせたいですが、非常事態においては、普段と同じ食事を食べさせる事は難しい場合もあります。

その為、ペットには、様々な種類の食べ物を食べられる様、日頃から特訓しておくと良いでしょう。

また、今までに発生した災害(阪神淡路大震災、東日本大震災等)を、もとに調べられた結果、発災直後から、日常の食事へ戻るまで、約3ヶ月は必要との事です。

つまり、ペットにおいては、3ヶ月以上のフードのストックを備蓄しておく必要があるという事です。

防災グッズ2 クレート

災害を経験したペットにおいては、クレート内で生活を送れるか、否かにより、避難所生活が大きく変わってきます。

災害時は、落下物により命を落とす人間やペットがいます。

クレートはペットの避難所であり、保護場所でもあります。

その為、クレートに普段から慣れさせておき、クレートは安心できる場所である事をペットに教えなければいけません。

クレートに慣れていないペットにとっては、クレート内は、ストレスと不安を感じる場所でしかありません。

もしもの事態に備えておく為には、クレートに入る特訓が必要不可欠です。

防災グッズ3 タオル

タオル防寒や防熱として必需品です。

避難所生活を送る場合、ペットはクレート内で生活をします。

ペットが入っているクレートは、屋外に置かれる場合が多く、冬に災害が起こった時は、その寒さに苦労を強いられます。

また、夏の場合は、直射日光により、クレート内はサウナ状態です。

それらの苦痛を少しでも避ける為、タオルは数枚、用意をしておくと良いでしょう。

いざという時のすすめ!ペットの為に備えるべき防災グッズ3選を紹介まとめ

ペットは種類により、必要な物が異なります。

上記で紹介した防災グッズは、全てのペットに当てはまる物をご紹介しました。

 

関連記事:【ペット別!】防災のためのチェックシートと避難後の生活について

関連記事:【災害の備え】ペットの為に用意必須の避難グッズ3種類と参考ブログも掲載!

関連記事:【ペットと一緒に過ごす】災害時の避難後の生活について


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ