一緒に考えよう!!ペットの災害対策5選について紹介!

ペットの災害対策について

災害時、ペットの身の安全を確保できるのは、飼い主だけです。

人の備えと一緒に、ペットの災害対策の備えについても考えておきましょう。

災害対策1 ペットとの同行避難を意識しておく

東日本大震災により、ペットの同行避難が強化されています。

しかし、同行避難については発展途上であり、地域により格差が生じています。

東日本大震災に比べ、熊本地震の方が、飼い主や地域住民の、同行避難への理解や意識も高く、対応がスムーズであった事が報告されています。

しかし、対応がスムーズであったのは、『犬』『猫』であり、『鳥』『小動物』『爬虫類』は含まれていません。

この様な、動物により対応が異なる点においても、ペットの同行避難は、未だ発展途上ですが、飼い主が普段から意識をする事で、少しずつ、変化はもたらされます。

災害対策2 ペットと避難できる避難所を事前に把握しておく

避難所によっては、ペットの受け入れが出来ない場合があります。

その為、避難所を管理している市区町村に連絡を取りましょう。

避難対策窓口の電話番号や住所が分かれば良いのですが、知らない場合には、見付けるのは困難です。

どうしても見付けられない場合には、代表宛てに連絡をし、担当窓口へまわしてもらいましょう。

避難対策窓口へ連絡が取れたら、『人間の避難場所』『ペットの避難場所』『ペットへの待遇』『ペットの為の備蓄』等、災害時、必要と成り得る事を質問し、市区町村の対応に合わせた災害対策を行いましょう。

注意!避難所への受け入れを断られる事がある!?

市区町村によっては、ペットの同行避難を断る事があります。

同行避難を断られ、車中やテント内での生活を強いられた家族は大勢います。

その様な最悪の事態に備える為にも、事前の把握は必要不可欠です。

災害対策3 避難訓練を行う

9月の1週目に避難訓練を行っている地域は多く、災害に備え、ペットと一緒に避難訓練に参加をしておくのも良いでしょう。

実際の災害時、ペットが受ける待遇を見ておく事も出来る上、ペットに万が一の事態を疑似体験させる事もできます。

毎年、参加するのが最良ですが、1回でも経験をしておく事に価値があります。

災害対策4 ルールやマナーを守れるペットに躾をしておく

『小動物』や『爬虫類』は、特に問題はないでしょうが、『犬』や『猫』は体が大きく、吠える事もある為、きちんとルールやマナーを守れる様、しつけを行いましょう。

避難所生活を送る上で、最低限のマナーとして挙げられるのは、下記の通りです。

  • 散歩は決まったエリアで行う
  • 散歩は決まった時間に行う
  • 食事は決まった時間に与える
  • 他の犬との接触は控える

ペットによる糞尿の匂いや抜け毛等、張り詰めた避難所生活においては、トラブルの原因です

避難所生活を送っている内は、避難所で決められたルールの下、生活を送りましょう。

また、ペットばかりでなく、飼い主もルールやマナーを守らなくてはいけません。

『大きな声でペットをりつける』『大衆の面前でペットにトイレをさせる』等、明らかに、他人へ迷惑をかける様な行動は慎みましょう。

万が一、迷惑をかけてしまったと思う行動を取ってしまった場合には、一声かける等、コミュニケーションを取り、他人への配慮をしましょう。

他人への配慮が、ご自身とペットを守る為の手段です。

災害対策5 強い心を備えておく

災害になり、避難所生活を送れば、ペットの心は乱れます。

その上、飼い主が不安な顔ばかりペットに見せていれば、ペットは尚の事、動揺します。

その為、ペットの前では気丈に振る舞い、決して、心配をかける様な行動を取ってはいけません。

ペットの気持ちが落ち着く事で、ペットは周囲へ迷惑をかけなくなります。

ペットはいつでも、飼い主の行動を見ています。

日頃から、もしもの場合を想定しておき、その対策をしっかりと勉強しておきましょう。

一緒に考えよう!!ペットの災害対策5選について紹介!まとめ

ペットと災害を乗り切る為に必要な事は、様々な環境に慣れておく事です。

災害という特別な環境は、皆が初心者です。

いつもは温厚で優しい人でも、パニックになり、イライラしてしまうのは、当たり前の事です。

災害という環境に少しでも慣れておく為、ペットには様々な経験をさせておく事をオススメします。

 

関連記事:【ペットと一緒に過ごす】災害時の避難後の生活について

関連記事:【災害の備え】ペットの為に用意必須の避難グッズ3種類と参考ブログも掲載!

関連記事:【ペット別!】防災のためのチェックシートと避難後の生活について


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ