ペットとお出かけサービス!ペットと公共交通機関で出かけよう!

ペットとお出かけサービス!ペットと公共交通機関でのお出かけについて

ペットとお出かけする為には、様々な公共交通機関のサービスを知っておく必要があります。

そこで今回は、ペットお出かけする為に、お出かけサービスについてご紹介します。

1. 電車でペットとお出かけサービス

電車によりペットとお出かけする場合、各鉄道会社により、利用にあたってのルールが異なります。

  • 例:JRの場合

子犬、猫、鳩その他これらに類する小動物(猛獣及びヘビの類を除く)であれば、長さ70㎝以内で、縦・横・高さの合計が90㎝程度のケースに入れ、重さは10㎏以内である必要があります。

また、手荷物扱いとなる為、1回の乗車につき、280円の手回り切符が必要です。

  • 例:東京メトロの場合

JRと乗車する上での条件は変わりませんが、手数料はかかりません。

2. バスでペットとお出かけサービス

バスによりペットとお出かけする場合、各バス会社により、利用にあたってのルールが異なります。

  • 一般道を走るバスの場合

膝の上に乗る程度のサイズのキャリーやバッグ等に全身が収納されており、他のお客さんに迷惑をかける恐れがない場合、乗車ができます。

ただし、混雑等、他のお客さんの安全が確保できない場合には、乗車を拒否される事もあります。

料金は無料です。

ペットは荷物扱いになるのが、無料の理由です。

上記で紹介したルール以外を導入しているバスもある為、乗車前や、バス会社へ連絡をし、ペットの乗車について確認すると良いでしょう。

  • 高速バスの場合

WILLER TRAVEL株式会社等では、動物の乗車を禁止しています。

東京空港交通株式会社が提供するリムジンバスにおいては、体の一部が出ない様、キャリー等に入れ、膝上または足元にて置き、臭いや鳴き声等で他のお客さんに迷惑をかけなければ、乗車可能です。

また、別途料金は不要です。

各社、ルールが全く異なる為、事前の確認は必ず行いましょう。

3. 飛行機でペットとお出かけサービス

飛行機によりペットとお出かけする場合、各航空会社により、利用にあたってのルールが異なります。

  • JALの場合

予約をした『犬』『猫』『小鳥』『うさぎ』『小動物』、または、他のお客さんに迷惑がかからない動物は搭乗可能です。

ただし、航空機における輸送環境の影響を受け易いと判断されている『フレンチ・ブルドッグ』『ブルドッグ』は、全線、搭乗できません。

詳しい理由は公式HP等には記載されていませんでしたが、おそらく、口吻が短い為、気圧が変わる事による窒息の可能性が考えられる為ではないでしょうか。

また、ペットは貸し出されるクレートにて輸送されます。

輸送される為には、同意書にサインをし、搭乗の30分前にチェックインを行います。

預けたペットは貨物室(バルクカーゴルーム)に搭乗します。

貨物室は、空調機により、温度や湿度の管理をされていますが、外気温等の影響を客室より受け易い為、環境が異なる場合もあります。

その為、体の弱いペットや、老齢のペットは、体力が続かない恐れがあります。

また、料金は行き先により異なります。

4. 船(フェリー)でペットとお出かけサービス

によりペットとお出かけする場合、各社により、利用にあたってのルールが異なります。

  • フェリーさんふらわあの場合

犬の乗船は認められており、犬種や体格による乗船制限はありません。

また、乗船方法は、神戸‐大分航路のウィズペットルーム、または、全航路にあるペットルームに預けての航海になります。

ウィズペットルームの場合、人間と同室に泊まる事ができ、ペットルームの場合、専用のペットゲージ内に滞在する事となります。

また、乗船にあたり、同意書へのサインが必要となります。

料金は、ウィズペットルームの場合、8,600円~、ペットルームの場合、2,000円です。

動物の乗船が認められている場合、ペットルームに似たシステムを設けている事が多いです。

5. SA・PAでペットとお出かけサービス

高速道路を利用する場合、SA・PAに立ち寄るでしょう。

SA・PAには、ドッグラン等、ペットも寛ぐ為の場所が設置されています。

料金が必要となる場所は殆どなく、誰でも自由に使えます。

自由に使えるからこそ、最低限のマナーを守り、利用しましょう。

ペットとお出かけサービス!ペットと公共交通機関で出かけよう!まとめ

ペットとお出かけサービスを利用する為には、飼い主の他人への思いやりが、とても重要になります。

また、人間への吠え癖があるペットは乗車していても、途中で下車を促される事もあります。

他のお客さんに迷惑をかけてしまう事が事前に分かっている場合、公共交通機関を利用するのは控えましょう。

 

関連記事:犬と電車に乗るための3つの法則

関連記事:犬と楽しく車に乗るための3つの注意事項

関連記事:犬と一緒に快適なドライブを楽しめるポイント3選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ