ペットフード原材料【4Dミート】の危険性とNGフード紹介images

【4Dミート】とは

猫目隠し

  • Dead…死んだ動物の肉
  • Dying…死にかけていた動物の肉
  • Disabled…身体の一部に障害のある動物の肉
  • Diseased…病気の動物の肉

頭文字をとって【4Dミート】と呼ばれています。

そして、4Dミートは人間の食用として使用することを禁止された肉です。

大切なペットに食べさせているフードの原材料はしっかりチェックしてから購入に至っていますか?

手頃さで選んだフードや、安さで有名なペットフードに混ざっているかもしれない【4Dミート】の存在に気づいていますか?

大切なペットのためにもまず、4Dミートについてしっかりと把握していきましょう。

4Dミートがペットフードの材料に扱われるようになった理由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そもそも、なぜこのような考えられない材料が扱われるようになったのか。

私たちが食卓で口に運んでいる肉には、それぞれランク付けがされています。

 

ランクは9段階で分けられています。

最高品質の霜降り肉などを1ランクとし、そこから肉のランクが下がっていきますが、

7ランク以下から人間が食べることができないと判断されているのです。

 

その中でも4Dミートはランク9の肉が分類されているようです。

人間・動物関係なく食用として取り扱われるべき状態でない肉なのは、十分に理解できますよね。

 

4Dミートがペットフード内に使用される理由は、

人間が食べられない肉は処分するしかない。しかし、その処分にも当然お金が掛かります。

 

かさむ処分費用をなんとか安く抑えられないものか?

と考えたときに、使用用途がペットフードになったのです。

気づかないうちに4Dミートを食べさせている…?!

B-1_dogwalker14

ここまでで、4Dミートが

「人間や動物含め食品全般で食べられるものではない」

とうことはお分かりいただけたと思います。

 

それでも、4Dミートの使用をやめない業者がいるのも事実。

 

肉の販売元は処分費用を安く済ませられるうえに、

肉の購入側も格安で入手可能なのが4Dミートの使用が廃止されない理由です。

 

安く購入できれば、ペットフードの単価も安く販売でき、

飼い主からのリピート・購入数が増えると考える商売方法はあまりにも、卑劣極まりないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

同時に、慌ててペットフードの原材料を確認する飼い主も少なくはないのでは。

 

4Dミートを使ったペットフードには

、ペットを飼っている飼い主なら一度は見た・聞いたことのある商品もあるかもしれませんね。

 

その一部を紹介させていただきます。

NGドックフード【愛犬元気】

994520699682890_common

原材料…穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィード等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ササミパウダー、ビーフパウダー等)動物性油脂、脱脂大豆、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、フィッシュミール、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

NGキャットフード【ねこ元気】

100000001002158773_10204

原材料…穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキスパウダー、ポークエキス等)、豆類(大豆大豆)、魚介類(フィッシュエキスパウダー、フィッシュミール、白身魚ミール、マグロミール、カツオミール等)動物性油脂、酵母エキスパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、セレン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、)、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、イノシトール、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

4Dミートを含む危険サインを見逃すな

images (1)

NGドックフードとNGキャットフード、

どちらもスーパーや薬局などの市販でよく見かけるペットフードですよね。

 

価格もお手頃で、お得感につられ手を伸ばしてしまいそうになる時も、あるのではないでしょうか?

 

原材料にも4Dミートとは記載されていないので、

見落としがちですが、ここでチェックしていただきたいのは

  • 記載が先の原材料から多く含まれている材料順でいるとういこと。
  • 4Dミートは【ミート・ミートパウダー・エキス・動物性油脂・肉類・副産物】との表記が付属されている原材料すべてに使用されています。

赤字の部分はすべてが4Dミートが含まれていると思ってください。

 

さらに、左から順に始まっている原材料の配分量にはアレルギーの原因や、

与え続けることでペットの健康の害になることもあるので、

必ず以上の2つのサインを見逃さずにペットフードを選んでいきましょう。

4Dミートが含まれた粗悪なペットフードを食べさせ続けると…

PRA-093

記事を見ている方の中には、4Dミートが禁止されていない以上、与えても直接的な健康被害につながらないのでは?

と感じている方も少なくはないと思います。

 

しかし、実際に長期間与え続けると…。

・栄養が偏り、不健康な体つきになってしまう。

・健康なはずなのに、血液検査では体内に異常が生じている。

・毛並みが悪く、つやがなくなる。

・辛いアレルギーが発症してしまう。

・口臭や便の匂いがきつくなる。

・内臓系の病気にかかりやすくなる。

・免疫力の低下や老化現象を促進させてしまう。

・肥満になりやすくなる。

このような事態が発生するのです。

 

結果的に大切なペットの寿命を縮めたり、

病気やアレルギーの発症にもつながりますし、健康に害がないわけではありません。

 

人間も、しっかりとした食事をとらなければ健康に支障がきたしますよね。

健康家・美容家など健康について食品から見直している方もいるはずです。

 

自分はいいのにペットの健康を管理できないのは、酷いと思いませんか?

ペットたちは言葉が通じません。

 

「この子はいつも食欲旺盛で、おいしそうにご飯をたべている。」

「食いつきもよくて、昔からこのフードしか食べない。」

それは決して、健康的な食事だからというわけではありません。

個性習性がもたらしている可能性もあるのです。

4Dミート憤慨する飼い主たち

dog-191935_960_720

ペットフードに気をつかう飼い主は、

やはり4Dミートについての危険性も周知のうえで、ペットフード選びを行う方がほとんどです。

 

その意見を確認していきましょう。

4Dミートの存在を確認して、

  • ペットフードを選びなおす飼い主
  • 危険を知らせる飼い主
  • 衝撃の事実に驚きを隠せない意見

など多くの反応があるのがよくわかります。

おそすぎることはありません。

今一度、いつものペットフードの原材料を確認しましょう。

4Dミートまとめ

私も4Dミートの存在を知るまでは、

テレビのCMで扱われている有名メーカーや、

市販でも購入しやすく量の多いペットフードを選んでいました。

 

しかし、4Dミートの存在を知ってから、かかりつけの獣医師に危険性についてを確認し

飼っている猫(黒猫さん)のアレルギーに影響しているのかもしれない。

と多くの危険を感じ、今では原材料のチェックなしではペットフードを買えなくなりました。

 

大切なペットだからこそ、ただ傍にいるだけでなく心も体も守っていくのが、飼い主の責任です。

今回の記事を通して、ペットフードに潜む危険性を少しでもお伝えできればと思います。

 

そして、少しでも役に立つことを願っております。

関連記事:オーガニック食材を使用したキャットフードをピックアップ

関連記事:【厳選された食材を使用!】オーガニックのドッグフードってどんなもの?

関連記事:【 獣医師が薦める 】アレルギー対応のドッグフードとはどんなもの?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ