【毛玉が出来易い原因とは?】 毛玉とドッグフードに関する4つの知識

https://www.breeder-navi.jp/
出典:https://www.breeder-navi.jp/

プードル 」や「 シュナウザー 」などを飼育している飼い主が悩みがちなのが長毛種特有の「 毛玉 」ではないでしょうか。

毛玉ができてしまう原因は、「 お手入れ不足 」と「 食の不一致 」と関係しています。

そこで今回は、ドッグフードと毛玉の関係性について見て行きましょう。

犬の体調は毛並みにも表れる!毛玉のできやすさにも関係が?

元気いっぱいでハツラツとしている犬は、毛艶が良くて触り心地も良いです。

逆に体調が崩れてしまうと、毛にコシがなくなり、毛玉も出来易くなります。

その変化は、普段一緒に生活している飼い主からすればとても分かりやすいのではないでしょうか。

犬にとって良い毛並みは「 ビタミン 」と「 ミネラル 」が決め手

良質な毛並みを保つには、「 ビタミン 」と「 ミネラル 」の補給が必要不可欠です。

逆に「 ビタミン 」と「 ミネラル 」が欠乏することで毛並みが著しく変化してしまうともいわれています。

「 ドライフード 」や「 ウェットフード 」の総合栄養食だけでは栄養が不十分だと感じた場合は、「 おやつ 」や「 サプリメント 」などで栄養補給をしましょう。

犬の動物性たんぱく質と毛玉の関係

http://tsunayoshi.tokyo/
出典:http://tsunayoshi.tokyo/

犬は「 」や「 」などの動物性たんぱく質によって健康を維持しています。

そのため動物性たんぱく質が十分に摂取されていないと、毛玉も出来易くなります。

犬も毛玉を吐く?

「 毛玉を吐く 」と聞くと、一般的には猫をイメージする方が多いかもしれません。

しかし、犬も毛玉を吐きます。

犬は猫の様にブラシの様な形をした舌を持っていません。

ですが仲間を毛繕いし、自身の体を毛繕いする動作をよくします。

その際に誤飲する毛が多いと、排便だけでは間に合わずに溜まってしまいます。

からだの中で毛が溜まってしまうのを防ぐために毛玉を吐き出す犬が稀にいます。

犬がイネ科の草( 「 猫草 」とも言う )を食べ、嘔吐するのも毛玉を吐くためのひとつの行為です。

『 毛玉とドッグフードの知識 』まとめ

犬の毛玉の原因は、人間の手入れ不足だけではなく「 ドッグフードが体質に合わない 」「 砂埃が多い地域 」など、様々な理由が考えられます。

しっかりと原因を把握し、愛犬にとって最善のケアをしてあげましょう。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ