アメリカのドッグフード「 ビルジャック 」の口コミや価格まとめ

出典:http://www.kawa-asobi.net/

年齢や体格に合わせたドッグフードを展開する【 ビルジャック 】

今回は、『 セレクト・アダルト 成犬用 』のデータをもとにビルジャックのドッグフードを紹介します。

ビルジャックの口コミ

ビルジャックは、嬉しいご意見から厳しいご指摘まで多くの口コミ寄せられています。

今回はその一部をご紹介します。

GOOD「 ビルジャックで、毛艶が改善! 」

「 ビルジャックに替えてから、毛艶が良くなった! 」という声が挙がっています。

BAD「 ビルジャックは、取扱店が少ない 」

日本では、ビルジャックを取り扱いする店舗が少ないのが現状です。

類似品・代わりになる商品も存在するので、「わざわざ買いに行く程の品ではない。」という声もあります。

BAD「 ビルジャックは、コスパがイマイチ!? 」

「 1㎏当たり約2,000円にしては低価格のドッグフードとの違いが分からない。 」という声が挙がっています。

ビルジャックの成分・原材料

出典:http://item.rakuten.co.jp

ビルジャック自慢の主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料である〈 新鮮な鶏肉 〉〈 鶏の副産物のミール 〉〈 鶏の副産物( アルギニン源である新鮮な鶏肉の内臓のみ( 鶏の肝臓を含む )〉によって、動物性たんぱく質を摂取する事が出来ます。

・ビタミン

ビルジャックは〈 鶏 〉からだけでなく〈 オートミール  ( 脱穀した燕麦 ) 〉〈 とうもろこしミール 〉などからもビタミンを摂取します。

・炭水化物

ビルジャックは〈 とうもろこしのミール 〉を炭水化物として使用しています。

・ミネラル

鶏だけでなく〈 乾燥甜菜果肉 ( ビート ) 〉を使用して、ミネラルを含む事に成功しました。

・オメガ3脂肪酸

視力や脳機能の健康のために、〈 亜麻仁 〉から抽出をしています。

以下は、ビルジャックの成分分析表です。

粗タンパク質 27.0%以上
粗脂質 18.0%以上
粗繊維 4.0%以下
水分 10%以下
オメガ6脂肪酸 2.5%以上
オメガ3脂肪酸 0.25%以上

エネルギー( 100gあたり )/ 約361.25kcal

※成分表に記載されているオメガ6脂肪酸オメガ3脂肪酸について

AAFCO( 米国飼料検査官協会 )ドッグフード栄養素概要で定める必須栄養源としては、両成分は認識されていません。

ビルジャックの特徴

ビルジャックでは、BHAが使用されています。

BHAとは酸化防止剤のことで、食用の魚介類を冷凍する際にも使用されています。

日本では1980年代に発がんする危険性があるという見解で、厚生省が一時使用禁止にしたことがあります。

現代では「 BHAは発がんに直接関係しない 」として使用許可がなされていますが…。

過去に危険性があると発表された添加物であることは、間違いないようです。

ビルジャックの価格

ビルジャックは、一社独占で販売されている商品ではありません。

よって、販売店により金額が異なります。

今回は、参考価格をご紹介します。

ビルジャックは、

  • 1㎏入りで1,987円( 税込 )
  • 2.7㎏入りで4,990円( 税込 )
  • 6.8㎏入りで7,992円( 税込 )

の3サイズを主に販売しています。

公式サイトでは13.6㎏も用意しているようです。

今回の調査では、販売店は見受けられませんでした。

関連する記事はこちら↓

【毛玉が出来易い原因とは?】 毛玉とドッグフードに関する4つの知識

【 愛犬が食べているのはゴムです 】ドッグフードに関する怖過ぎる添加物とは?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ