【 こんなにあったの!? 】ドッグフードの収納ケース

http://roomclip.jp/tag/76539
出典:http://roomclip.jp/tag/76539

ドッグフードの収納ケースの種類は、多岐にわたります。

色々な視点から総合的に探そうとするのは、中々 労力の必要なことです。

そこで今回は、ドッグフードの収納ケースについて見て行きましょう。

ドッグフードの収納その① フードストッカー

ドッグフードを保管する上で最もメジャーな収納ケースかもしれません。

ドッグフードを取り出す際に便利な専用スコップが付いている商品もあり、長期間 ドッグフードを新鮮に保つ事が出来ます。

ドッグフードは時間が経過する毎に空気にふれて水分を含み、劣化が始まります。

気になる方はケースの扉などに除湿剤を貼り付けておくと、より鮮度が長持ちします。

ドッグフードの収納その② 自動給餌機

  • 一定の時間が経過すると、既定量のドッグフードが出てくるケース
  • ボタンを押すと、必要な分だけドッグフードが給餌されるケースなど、様々な種類が販売されているのが自動給餌機です。

おしゃれなデザインのケースが多く、インテリアとして違和感なく室内に置けるタイプが多いのが特徴です。

ドッグフードの収納その③ ジッパー式のケース

高級なものを与えることだけが犬への愛情表現…ではありませんよね。

ジッパー式のケースを用いて、ケースに関しては安価なものを選ぶことも可能です。

但し、密閉力は「 フードストッカー 」や「 自動給餌機 」に比べて劣ってしまいます。

「 除湿剤 」や「 乾燥剤 」を同時に用意し、ドッグフードの劣化を防ぎましょう。

ドッグフードの収納その④ 除湿剤・乾燥剤

http://kokorowo.shop-pro.jp/
出典:http://kokorowo.shop-pro.jp/

除湿剤は、主に空間の湿気を取り除くものの事です。

乾燥剤は、食品パッケージ内に使用されています。

どちらにおいても湿気を取り除くための薬剤および製品である事に変わりはありません。

但し、除湿剤は直接食品に触れる様に作られていないことが多いです。

袋や瓶などに入ったドッグフードに直接触れる場合には、乾燥剤を使う事をオススメします。

【 こんなにあったの!? 】ドッグフードの収納ケース まとめ

間違っても「 たかがドッグフードのケース 」と侮ってはいけません。

現在では、犬専用であることが一見わからないほど区別がつかない商品もあり、犬と人間の距離が近くなっている事が伺えます。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ