本当に安全なキャットフードの選び方を伝授します!

出典:https://matome.naver.jp/

安全なキャットフードといえるには、どのような条件をクリアしていることが前提なのでしょうか。

本当に安全なキャットフードとは、具体的にどんな商品なのでしょうか。

そこで今回は、本当に安全なキャットフードについてをまとめていきます。

原材料に「 穀物 」の表記が無い

これは、国内産のキャットフードに多くみられるのですが…。

原材料の概ね前のほうに〈 穀類 〉の表記があります。

穀類は、ネコちゃんにとってアレルギーを引き起こすといわれる一因に十分なり得ます。

ネコちゃん以外にも犬をはじめとした元々肉食動物ならば、全ての動物に当てはまることです。

穀類は、身体に取り込む際に消化・吸収がしにくく下痢・便秘の原因にもなります。

ここからは、決して身体にあっているといえない穀類どうして使用されているのかを表記していきます。

それは…。

製造メーカー側からすれば有利な理由として、フード全体のかさ増しが考えられます。

ネコちゃんが必要な栄養素を効率よく摂取できるようにするならば、ネコちゃんにとって負担のすくない食材がまず使えないかを検討するはずです。

その工程を経てつくられたキャットフードは、理想的なキャットフードといえるでしょう。

しかし、製造元もコストを考えて商品づくりをしなければなりません。

安価・仕入れに関しても安定した穀類( 特に〈とうもろこし〉)を使用することは、やむ負えない事実なのかもしれません。

理想的なキャットフードとは?

出典:https://xn--p8jqu3446a969a.com/

ネコちゃんは、元々肉食だということは先程ふれました。

穀類・野菜をメインに摂取すると、消化・吸収に時間がかかってしまうことがあります。

ただし肉食だからといって肉だけを食べさせていては、肥満・便秘のきっかけにもなってしまいます。

以上の点から理想的なキャットフードの割合は、『 肉7野菜3です。

具体的に〈 肉 〉とは、鶏肉であることが尚いいとされています。

〈 豚肉 〉〈 牛肉 〉においては、ネコちゃんの先祖が食べていなかった点からアレルギーを引き起こすケースがあります。

アレルギー反応とは、嘔吐・下痢の状態が一般的です。

炭水化物はさつまいもから摂取が理想的

炭水化物を過剰摂取することは、肥満原因のひとつといえます。

肥満になると、様々な疾患のきっかけになるだけでなく寿命も縮まります。

ネコちゃんにとって〈 米 〉などの穀類がメインとなるキャットフードは、消化・吸収することが困難です。

老猫は、毎日の食事を消化することでも身体に負担がかかっています。

炭水化物は、人にとってもネコちゃんにとっても必須の栄養素です。

そのため、消化・吸収が穏やかな〈 さつまいも 〉を使用しているキャットフードを選ぶとネコちゃんのことを考えた食事に一歩近付きます。

関連する記事はこちら↓

胃腸の消化・吸収を助けてくれるキャットフードとは?

全てのペットフードが安全ではない⁉おすすめしたいキャットフード4選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ