リーズナブルなドッグフード!!「 ダイヤモンド 」の口コミや価格まとめ

http://concretegoldcoast.net/
出典:http://concretegoldcoast.net/

アメリカのトップブリーダーの多くから選ばれていたドッグフーといえば…【ダイヤモンド】です。

そこで今回は、ダイヤモンド 】の『 ダイアモンドナチュラル アダルトラム&ライス ) 』のデータを基に紹介します。

ダイヤモンドの口コミ

ダイヤモンドでは、作り手側にとって喜ばしい声から厳しい指摘まで、多くの口コミが寄せられています。

今回はその一部をご紹介します。

GOOD「 ダイヤモンドは、コスパが良い! 」

動物副産物不使用穀物不使用

そして比較的 値段が安価なため、人気を集めています。

GOOD「 ダイヤモンドを与えると、喜んで食べる! 」

日々のドッグフードに飽きてしまったワンちゃんにローテーション食として使用する方が多い様です。

BAD「 ダイヤモンドを製造しているメーカーは、過去に問題のあった会社? 」

2012年にアメリカで起きた大規模リコールによって、信用を著しく落としてしまった過去があります。

顧客を大幅に減らした事件として、当時大きな話題となりました。

詳しくは、下記の【 ダイヤモンド 】の特徴にてご紹介します。

ダイヤモンドの成分・原材料

http://www.rakuten.co.jp/
出典:http://www.rakuten.co.jp/

ダイヤモンド自慢の主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料である〈 ラム肉 〉は、犬がアレルギーを起こし難い食材ということがわかっています。

ラム肉によって、動物性たんぱく質を摂取する事が出来ます。

・炭水化物

原材料には、〈 米粉 〉〈 精白大麦 〉〈 粟 〉などが使用されています。

上記の原材料は、鳥のエサによく使用されているのですが…。

犬にとっては消化・吸収が難しく、好ましくないとされています。

以下は、ダイヤモンドの成分分析表です。

粗タンパク質 23.0%以上
脂質 14.0%以上
粗繊維 4.0%以下
水分 10.0%以下
亜鉛 150IU/kg以上
オメガ6脂肪酸 2.2%以上
オメガ3脂肪酸 0.4%以上

エネルギー( 100gあたり )/ 約359kcal

ダイヤモンドの特徴

2012年4月、ダイヤモンド社製造のペットフードがサルモネラ菌により汚染→ドッグフードに触れた人間が健康被害にあうという事件がありました。

他社のOEM生産量も多かったため、17ブランド・総計3万トンもの大規模なリコールが行われる事態となってしまいました。

ダイヤモンド社のドッグフードは、アメリカのトップブリーダーの多くが使用していたことから日本でも有名なアメリカ産のドッグフードでした。

現在、動物副産物不使用穀物不使用を謳い、再起を計っているところです。

ダイヤモンドの価格

ダイヤモンドは、一社独占で販売されている商品ではありません。

よって、販売店により金額が異なります。

今回は、参考価格をご紹介します。

ダイヤモンドは、18.1㎏入りで4,598円( 税込 )にて販売されています。

過去のトラブルによる影響からか今現在は、販売店舗が少ないのが現状です。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ