【 どうして食べないの? 】ドライフードの利点と欠点

https://mofmo.jp/
出典:https://mofmo.jp/

ドライタイプのドッグフードに対する評価は、賛否両論あります。

それでは今回は、『 なぜドライタイプのドッグフードに賛否両論あるのか 』をご紹介いたします。

ドライタイプの利点

利点その① ドライタイプのドッグフードは栄養バランスが取れている

ドライタイプのドッグフードは、総合栄養食に分類されます。

「 総合栄養食 」とは、このフードと水があれば健康を維持・生活が出来るように考えられた食品を意味しています。

利点② ドライタイプのドッグフードは低コスト

ドライタイプのドッグフードは、他と比べて水分が少ないのが特徴です。

保存の際には一回分ずつ分けて個包装する必要もありません。

そのために余分なコストがかからず低価格で販売されていることが多いです。

利点③ ドライタイプのドッグフードは保管が簡単

ドライフードは水分がある他種と比べて保存性に優れています。

夏の厳しい暑さのなか屋外で保存しない限り 保管場所もそこまで選びません。

また、フードストッカーや自動給餌機など保管ケースの種類も豊富です。

そのため、好みのものがきっと見つかるのではないでしょうか。

ドライタイプの欠点

http://natural-food.jp/store/
出典:http://natural-food.jp/store/

欠点① ドライタイプのドッグフードは添加物が多い

「 エトキシキン 」「 グリシリジン・アンモニエート 」など…。

危険と言われている添加物を使用しているドッグフードの多くはドライタイプです。

また、開封済みのドッグフードを常温保存出来てしまう点においても保存料の使用量の多さが伺えます。

欠点② ドライタイプのドッグフードは食いつきが悪い

グルメな犬は、ドライタイプのドッグフードをなかなか食べてくれません。

その犬がどうしてドライタイプのドッグフードを食べないかは状況により異なりますが、「 品質 」や「 管理 」の悪さによる劣化が原因で美味しいと感じていない可能性があります。

欠点③ ドライタイプのドッグフードには副産物の使用がある?

悪質な「 チキンミール 」や「 肉類 」など、動物が食べるべきとは言い難い物が含まれているドッグフードが残念ながら存在します。

犬は嗅覚に優れた動物ですから、あまりに劣悪な環境と素材で作られたドッグフードであればそれを見破る事が出来ます。

『 ドライタイプのドッグフード利点/欠点 』まとめ

ドライタイプのドッグフードは、水+フードで犬の生命と健康を維持できる総合栄養食です。

飼い主である皆さんにおかれましては、価格だけにとらわれず総合的にいいドッグフードを判断してください。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ