【 健康は毎日の食生活から 】ドッグフードの保管方法を確認して安心

http://heaaart.com/post/108659
出典:http://heaaart.com/post/108659

飼い主であれば、飼い犬である愛犬には「 健康に長生きをして欲しい 」と願うのは当たり前なことですね。

では、長生きをさせる為には、何から始めれば良いのでしょうか?

今回は、愛犬の健康を守るために知っておいて損はないドッグフードの正しい保管方法について見て行きましょう。

日々の健康は食生活から!ドッグフードの選び方

動物が生命を維持する為に必要なのは食事です。

あなたが愛犬を健康に長生きさせたいのであれば、ドッグフード選びは非常に重要な事柄です。

「 セールをしていた 」「 価格が一番安い 」といった理由で、ドッグフードを選んではいけません。

それでは、添加物などを多く含んだドッグフードばかりを愛犬に与えることになってしまい、健康に長生きさせる事は難しいでしょう。

ドッグフードは、その犬種に合った種類を選んであげて下さい。

ドッグフードの管理は怠るべからず!望まれる保存環境

http://xn--w8j5ctjvc3ac7f1pp233cgefj17h.com/
出典:http://xn--w8j5ctjvc3ac7f1pp233cgefj17h.com/

あなたは、ドッグフードを家の中の どこで管理していますか?

一番良いとされる保管方法は冷蔵保存です。

一年中一定の温度に保たれている冷蔵庫は、きびしい夏の暑さの環境下でもドッグフードが劣化する心配がありません。

添加物を極力使用していないドッグフードであれば、常温保存は劣化を招いてしまいがちなので強く冷蔵保存をオススメします。

愛犬の健康を保つためにドッグフード選びにプラスして、温度管理にも気を配りましょう。

開封から一定期間以上経過したドッグフードは与えるべからず!その期間とは?

http://fundo.jp/43398
出典:http://fundo.jp/43398

あなたはドッグフードの袋を開封してから、何日間で完食させますか?

大容量のドッグフードを購入した場合、封を開けてからある程度の期間なくなることはないでしょう。

ですが、ドッグフードの鮮度が保たれるのは開封から2週間~1か月くらいです。

それ以降は、冷蔵保存をして温度管理しても残念ながら劣化してしまいます。

愛犬が健康を維持するためには、この期間のあいだに食べるドッグフードの量を把握し考慮した方がよいでしょう。

このことから、割安で手に入る大容量のドッグフードは犬を複数飼育していない場合には選ぶべきではないようです。

『 ドッグフードの保管方法 』まとめ

愛犬家が増えたことで、高品質なドッグフードを買い与える飼い主が増えました。

ですが、誤った保管方法から良質なドッグフードが知らないうちに劣化していることがあります。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ