コストコ限定!?ドッグフード「 カークランド 」の口コミや価格まとめ

http://www.so-net.ne.jp/
出典:http://www.so-net.ne.jp/

日用品から食料品までを揃えた大型倉庫:コストコ!!

ここで限定販売されているドッグフードが【 カークランド 】です。

そこで今回は、 カークランド 】というドッグフードについてご紹介します。

カークランドの口コミ

カークランドは、作り手側にとって喜ばしい声から厳しい指摘まで、多くの口コミが寄せられています。

今回はその一部をご紹介します。

GOOD「 カークランドは、コスパ良好! 」

カークランドは安価なドッグフードですが、極力添加物を使用せずに製造されています。

「 質が良いドッグフードを食べさせたいけれど…価格が気になる 」という飼い主さんから人気を集めています。

GOOD「 カークランドは、ヘルシー! 」

脂分が少なく、低カロリーにつくられたドッグフードです。

BAD「 カークランドは、量が多い 」

コストコの代名詞とも言える『 大容量がデメリットに感じられてしまうパターンです。

小型犬を1匹で飼育している家庭では、使い切る前に劣化してしまう事もあります。

BAD「 カークランドで、アレルギー反応!? 」

原因はまだ解明されていませんが…「 カークランドに切り替えた後に、肌荒れを起こした 」と話す飼い主さんがいらっしゃいます。

カークランドの成分・原材料

https://www.amazon.co.jp/
出典:https://www.amazon.co.jp/

カークランド自慢の主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料には、犬がアレルギー反応が起こりにくいといわれている〈 ラム 〉を使用しています。

しかし〈 ラムミール 〉を使用しており、食材の出所が気になります。

・ビタミン

カークランドは、ラムからだけでなく〈 エンドウ豆 〉〈 ニンジン 〉〈 リンゴ 〉などの野菜・果物からもビタミンを摂取する事が出来ます。

・炭水化物

犬は、炭水化物を消化・吸収することが苦手といわれています。

比較的エネルギー消費が穏やかな〈 ジャガイモ 〉を使用し、体に負担をかけない配慮をしています。

・ミネラル

ミネラルは、〈 ラム 〉〈 エンドウ豆 〉をメインに摂取しています。

・オメガ3脂肪酸

視力や脳機能の健康のために、〈 ジャガイモ 〉から抽出をしています。

以下は、カークランドの成分分析表です。

粗タンパク質 23.0%以上
脂質 14.0%以上
粗灰分 7.5%以下
粗繊維 4.0%以下
水分 10.0%以下
オメガ6脂肪酸 2.2%以上
オメガ3脂肪酸 0.4%以上
ビタミンA 15,000IU/kg
ビタミンD 800IU/kg
ビタミンE 150IU/kg

エネルギー( 100gあたり )/ 約375kcal

カークランドの特徴

決して安いドッグフードではありませんが、たんぱく質に〈 ラム肉 〉〈 ローズマリーエキス 〉を使用しています。

そして、極力 人工添加物を使用しない様にしています。

プレミアムフードとしての評価は満点とはいかないものの…。

犬を飼われているコストコファンには、たまらない商品なのではないでしょうか。

カークランドの価格

カークランドは、18.14㎏入りで5,527円( 税込 )にて販売されています。

コストコで販売されているということもあり、小さいサイズでも子犬用の9.07㎏が最小の様です。

Amazonでも販売されているので、玄関前まで業者に運んで欲しい方には良いかもしれません。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ