中型犬に合ったドッグフードとは?

http://slism.net/girls/inuno-situke.html
出典:http://slism.net/girls/inuno-situke.html

数多くの犬種が存在するのが、中型犬です。

日本にいる中型犬は雑種が多いですが、海外では「 牧羊犬 」「 狩猟犬 」など、人間により品種改良された犬種もいます。

今回は、中型犬に合ったドッグフードを見ていきましょう。

中型犬ってどんな犬?

中型犬の特徴は、その活発な性格です。

犬と人間の歴史をさかのぼると、人間の仕事を主に手伝ってきたのは中型犬です。

そのようなことから「 筋肉質運動能力が備わった犬種が多い 」ことも特徴として挙げられます。

中型犬は筋肉が増えると、より健康的になりますので「 沢山食べさせ、沢山運動をさせる 」と良いでしょう。

中型犬はどうして肥満体型が多いの?

第1の原因として、「 食欲旺盛 」である事が挙げられます。

中型犬の健康維持には、良質な筋肉を作り、維持する事が必要です。

そのためには、「 高たんぱく 」で「 適度な脂質 」が必要不可欠です。

しかし現代の日本では、なかなか人間の仕事を手伝う中型犬は存在しません。

その事態は、「 筋肉を作る環境が整っていない 」という事にもなります。

そのため運動の機会が与えられない食欲旺盛な中型犬肥満傾向にあると考えられます。

中型犬に合うドッグフードの特徴・与え方とは?

http://www.aaa.ac.jp/kunren.html
出典:http://www.aaa.ac.jp/kunren.html

犬は体のサイズが小さくなる程、体重1㎏当たりに必要なエネルギーが多くなります。

中型犬に向けて作られたドッグフードは、「 高たんぱく 」と「 適度な脂質 」が配合させているのが特徴です。

中型犬は、その活発な性格から関節を痛めてしまう犬が多いです。

そのため「 関節の健康維持に配慮されているかどうか 」もドッグフードを選ぶ際に重要なポイントです。

運動量が少ない中型犬には、適度な脂質を含んだドッグフードは「 適している 」とは言えません。

もしすでに中型犬用のドッグフードを与えているならば「 散歩の時間を10分増やす 」など徐々に運動量を増やす工夫が必要でしょう。

また、もともと運動量の多い中型犬は、体内に活性酸素が発生しやすいです。

そのため免疫力 」「 抵抗力 」などが低下してしまいがちです。

「 免疫力 」と「 抵抗力 」をサポートしてくれるドッグフードを選ぶと、中型犬の健康により良い効果をもたらすでしょう。

『 中型犬に合ったドッグフードとは? 』まとめ

中型犬は元々、人間の手となり足となり働いていた犬です。

賢い犬種が多い事から 一度ワガママを聞いてしまうと、増長していってしまうケースもあります。

しかし、きちんとしつけを行えば、最高のパートナーとなります。

時には、「 こちらが決めたドッグフードを食べないのなら、食べなくてよい! 」といったぐあいに強い意志を持ってしつけてみるなどの工夫が必要かもしれません。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ