キャットフードの食いつきが悪い時に考えられる3つの原因

出典:https://blog.fc2.com/

普段から食べているキャットフードなのに、食いつきが悪い時はありませんか?

それにはきちんとした原因があります。

今回は、キャットフードの食いつきが悪い原因をご紹介致します。

食いつきが悪い3つの原因その① 変化に対応できない

主に、子猫老猫に当てはまりやすい原因のひとつです。

  • 夏の暑さによって、食欲が減退してしまう
  • 冬の寒さにより筋肉が収縮→運動する機会が減り、やはり食欲減退する

などの寒暖の差に苦しみ、何日も食事に手をつけない様子では健康面が心配になります。

季節の変化に対応できる様な対策として、

  • 好奇心から少しでも口にできるようキャットフードの種類を変更してみる
  • 肉・魚など動物性タンパク質を与え、効率よく栄養補給してもらう

などの具体的な成功例があります。

食いつきが悪い3つの原因その② 甘えている

出典:http://blog.livedoor.com/

飼い主さんが優しく基本的にわがままを受け入れているご家庭。

こちらのネコちゃんにおいてもキャットフードの食いつきが突然悪くなってしまう可能性があります。

  • 身体的な不調が表れていない
  • 食事を選り好みし、甘えている様子

などであれば、その度に変える訳にもいかないですよね。

その様な場合は、3日間ネコちゃん【 根競べ 】してみるのはいかがでしょうか。

3日以上全くキャットフードに手をつけない場合は、何か別の原因が潜んでいる可能性があります。

食いつきが悪い3つの原因その③ 品質劣化

キャットフードは、開封して空気に触れた瞬間から「 劣化 」がはじまります。

品質が劣化してしまう原因には他にも

  • 猛暑日が続いた数日間の間、キャットフードを常温保存している
  • 開封後の保存容器に密閉度が足りず、空気に触れてしまっている
  • 直射日光に当たる場所で保管してしまっている

なども考えられます。

毎日の食事は、飼育しているネコちゃんの健康を左右します。

キャットフードの取り扱いには、様々な条件を考慮して大切にしたいですね。

「 勿体無い 」という気持ちで与え続けようとはせず

  1. 劣化させてしまったキャットフードは破棄する
  2. 新しく購入したキャットフードに切り替える
  3. パッケージに記載された通りの正しい保管方法に従う

を行っていきましょう。

『 キャットフードの食いつきが悪い時に考えられる3つの原因 』まとめ

いくら信頼する飼い主さんが差し出す食事とはいえ、ネコちゃんの本能が働き身体が拒否してしまう…。

精神的なストレス・基本的な性格の部分から食いつきが悪くなってしまう…。

様々な原因が考えられます。

食事の時の様子を注意深く見守って、毎日の食事が楽しいコミュニケーションの機会になるよう考えてみましょう。

関連する記事はこちら↓

キャットフードを保存する為のケース( 入れ物 )3選

今のままで大丈夫?キャットフードの上手な保存方法4選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ