ペットが虫歯になる原因と対策4選について紹介!

ペットが虫歯になる原因と対策4選について

現代のペット達は、非常に恵まれた生活を送っています。

当たり前の様に室内で生活をし、賃貸物件であっても、ペット飼育を許可している物件は多くの入居者を抱えています。

ペットにとって有難い暮らしが、虫歯になり、歯が弱る原因です。

そこで今回は、ペットが虫歯になる原因についてご紹介します。

1. 甘やかされた食生活が虫歯の原因!?

現代のペットは、様々な種類のフードを用意されています。

飼い主からすれば、「好きな物を好きなだけ食べさせてあげたい!」と思う事でしょう。

しかし、動物は本来、捕まえた動物に齧り付いたり、硬い草を食べて生活をしていました。

その為、ウェットフードやおやつは、柔らかすぎて、歯ごたえがなく、歯に食べカスがこびり付いたままになってしまうのです。

そして、食べカスが、虫歯の原因となります。

2. 甘~いおやつは、ペットにとっても虫歯の原因!?

本来、動物は虫歯になりません。

それは、砂糖を食べないからです。

砂糖は歯のエナメル質を溶かしてしまう働きがある為、虫歯になってしまうのです。

例え少量であっても、ペットにとっては百害あって一利なしという訳です。

3. 歯磨きはペットもしよう!!

柔らかい食事や、甘い物を食べている以上、ペットも毎日、歯磨きを行いましょう。

歯磨きの際、注意すべきは、人間の歯磨き粉を使わない事です。

人間用の歯磨き粉は、動物の歯のエナメル質等を壊すキシリトールが配合されています。

キシリトールは、人間の歯磨きにおいては優れた働きをしますが、ペットには害があります。

その為、ペットの歯磨き粉は、ペット専用の歯磨き粉を使用しましょう。

4. 人間の食べ物は与えない

人間の食べている食品には、少なからず、砂糖が使用されています。

前項でもご紹介した通り、砂糖は歯のエナメル質を溶かす働きがあります。

その為、ペットには、ササミやサツマイモ等、自然の物を与えると良いでしょう。

ペットが虫歯になる原因と対策4選について紹介!まとめ

虫歯の基本は、早期発見、早期治療です。

口臭や歯の黄ばみが気になったら、動物病院にて歯科検診を行うのも良いでしょう。

 

関連記事:犬を虫歯にさせないための知識3選

関連記事:犬が食べてはいけない食品・食材7選

関連記事:おやつをメインに取り扱うドッグフード「 銀のさら 」の口コミや価格まとめ


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ