ドッグフードの最適な保存方法

https://petpedia.net/
出典:https://petpedia.net/

あなたは、ドッグフードをどのように保存していますか?

買ってきたままで、特に工夫せず適当に扱っていませんか?

今回は、ドッグフードの保存方法について見て行きましょう。

ドッグフードの保存方法

ドッグフードのパッケージに書かれている主な保存方法は以下の通りです。

  • 開封後、袋の封にする
  • 直射日光を避ける
  • 温度・湿度が低く、暗い場所で保管するなどが主な保管方法として紹介されています。

酸化させないということの徹底

一般的なドッグフードには酸化防止の為の添加物が含まれていますので、あまり神経質になる必要はありません。

但し、大袋に入ったドッグフード封が空いた状態で1か月以上保存する場合は、空気にあまり触れない様に管理が必要です。

また、プレミアムフードの場合開封後なるべく空気に触れない様に心掛けましょう。

高温・多湿は避ける

http://xn--w8j5ctjvc3ac7f1pp233cgefj17h.com/
出典:http://xn--w8j5ctjvc3ac7f1pp233cgefj17h.com/

ドッグフードは、犬だけでなく虫にとっても栄養価の高い食事です。

高温・多湿の場所には虫が集まります。

この様な場所にドッグフードを管理していては、虫に「 食べて下さい 」と差し出している様なものです。

また、高温・多湿の場所にドッグフードを管理していると、劣化が早まってしまいます。

保存に最適な場所は冷蔵庫?

冷蔵庫は1年中 一定の温度に保たれているので、夏の猛暑や冬の極寒にも対応できます。

但し、1か月以上 冷蔵保存しているドライのドッグフードは、結露が原因となりカビが発生する場合があります。

出し入れはスムーズに行ってください。

また、ウェットのドッグフードの場合「 その日の内に食べさせ、余らせないこと 」が基本です。

パッケージに書かれた賞味期限は、密閉容器で保存されている場合の賞味期限のことです。

開封した時点で、空気に触れ劣化が始まりますので早めに食べさせましょう。

『 ドッグフードの最適な保存方法 』まとめ

ドッグフードの保存に対し、あまり神経質になる必要はありません。

しかし、劣悪な環境に放置してしまっては確実に劣化してしまいます。

ドッグフードも人間の食事を保存する時と同じように、管理することを心掛けましょう。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ