子犬に与えるべきドッグフードの特徴とは?大事なポイントが満載

http://peco-japan.com/62384
出典:http://peco-japan.com/62384

ドッグフードは、犬の年齢に応じた商品が展開されており年代に合った栄養素が含まれています。

今回は、子犬用のドッグフードについて見ていきましょう。

子犬用のドッグフードの特徴

子犬は、体作りをする上で最も大切な時期です。

この時期に「 良質なたんぱく質 」「 カルシウム 」「 ミネラル 」「 ビタミン 」などの栄養をバランス良く取り入れる必要があります。

それを可能にしたのが、子犬用のドッグフードです。

子犬用のドッグフードの選び方

子犬は成犬とは違って免疫力が低く、すぐに病気にかかってしまいがちです。

そんな子犬に食べさせるドッグフードは以下の物がオススメです。

消化・吸収がし易い

子犬のうちは、消化・吸収する力がまだ十分に備わっていません。

もし飼っている子犬が正しいドッグフード選びによって「 タンパク質 」「 ビタミン 」などの栄養素を余す事なく吸収する事が出来たとします。

すると、その子犬は「 筋肉 」「 臓器 」だけではなく「 被毛 」にまで栄養が届くため、より健康な肉体を作り上げる事が出来るでしょう。

子犬の嗜好に合わせてドッグフードを選ぶ

http://blogs.yahoo.co.jp/creplpop/51586203.html
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/creplpop/51586203.html

子犬がドッグフードを嫌がるしぐさをした時は、そのドッグフードが子犬の体質に合っていない可能性があります。

目の色を変えて食い付く様なドッグフードは、それはそれで危険なのですが…。

子犬にも味の好みがあるということを覚えておいて損はないでしょう。

子犬の成長に合わせたドッグフード選び

子犬は生後6か月までの期間で、約7割 成長します。

言い換えれば、「 体を形成する為に重要な時期は、生後6か月まで 」という事です。

最近では、生後90日~6か月の子犬を対象としたドッグフード生後6か月~12か月の子犬を対象としたドッグフードの2種類が販売されています。

子犬の成長の時期に合わせたドッグフードを選択するのは、成長を見守る上では大切なことです。

『 子犬に与えるべきドッグフードの特徴とは? 』まとめ

https://qoon.jp/I0002473
出典:https://qoon.jp/I0002473

子犬の摂取カロリーは、成犬の約2倍といわれています。

体を大きくするという事は、それだけからだが栄養を必要とするという事です。

その子犬に合ったドッグフード選びと新鮮な水によって、健康な成犬へと成長させてあげましょう。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ