美味しさが自慢のドッグフード「 ランミール 」の口コミや価格まとめ

出典:http://dog-life.net/

ワンちゃんの腸内環境・関節への負担を考慮したドッグフード。

それが…【 ランミール 】です。

今回は、『 ビーフ&バターミルク味 』のデータをもとに紹介します。

ランミールの口コミ

ランミールは、嬉しいご意見から厳しいご指摘まで多くの口コミ寄せられています。

今回はその一部を紹介します。

GOOD「 ランミールを与えると、愛犬が食べてくれる! 」

味付けに自信をもって開発されたランミール。

「 愛犬が喜んで食べている! 」という口コミが多くありました。

BAD「 ランミールがアレルギーの原因!? 」

ランミールを与えたら、皮膚が赤くなったワンちゃんがいるようです。

BAD「 ランミールは、噛みにくい 」

ランミールの粒自体は、やや固め。

そのことから老犬にとっては、食べにくいドッグフードのようです。

ランミールの成分・原材料

出典:http://www.nisshin-pet.co.jp/

ランミール自慢の主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料である〈 肉類( チキンミール、ミートミール、チキンパウダー )〉によって、動物性たんぱく質を摂取できます。

・炭水化物

ランミールでは、炭水化物〈 穀類( 小麦粉、とうもろこし、ホミニーフィード、小麦ふすま、中白糠、コーングルテン、脱脂米糠 )〉〈 豆類( 大豆ミール )〉を使用しています。

以下は、ランミールの成分分析表です。

タンパク質 18.0%以上
脂質 8.0%以上
灰分 8.0%以下
粗繊維 5.0%以下
水分 10.0%以下

エネルギー( 100gあたり )/ 約330kcal

ランミールの特徴

ここで、ランミールに含まれる成分についての特徴と危険性を表記していきます。

・穀類

肉食動物である犬が消化・吸収を苦手とする原材料で、ランミールにおいては最もおおく使用されています。

・ミール系

肉類・豆類・魚介類。

これらにおいてミール系が含まれています。

ミール系に潜む危険性として、食品に使用するべきでないものが加工されて含まれているケースがあります。

・着色料

具体的には、「 食用赤色102号 」のことです。

原料が石油で、人間の子どもが口にした際に「 じんましん 」を引き起こしたという報告があります。

ランミールの価格

ランミールは、一社独占で販売されている商品ではありません。

よって、販売店により金額が異なります。

今回は、参考価格をご紹介します。

ランミールは、8㎏入りで2,000円( 税抜 )にて販売されています。

関連する記事はこちら↓

正しいドックフード選びのために。危険性とおすすめフード紹介

今話題の【 リアルチキン 】を含んだドッグフードに迫る!!


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ