小型犬に合ったドッグフードとは?

https://matome.naver.jp
出典:https://matome.naver.jp

マンションやアパートなどの集合住宅では、「 小型犬であれば飼育OK 」という条件の物件も多く存在します。

このような現状から小型犬は、日本の住環境に適しているといえますし、実際に多くの家庭で飼育されています。

小型犬の特徴として、「 食べムラ 」があります。

愛犬のためにせっかく用意した食事。

与えても食べてくれないのでは意味がありませんよね。

そこで今回は、小型犬に合ったドッグフードを見ていきましょう。

小型犬と超小型犬の違いってなに?

まず、「 どういった犬が小型犬なのか 」を知っていきましょう。

1990年代くらいまでは、「 10㎏に満たない重量の犬 」を小型犬と呼んでいました。

のちに「 ティーカップ・プードル 」「 カニヘンダックス 」などの超小型犬という部類の犬種が存在し、一大ブームが起こるほどの人気となりました。

そうした背景から2000年代以降には、「 超小型犬は4.5㎏に満たない犬 」を指し、小型犬は4.5~10㎏の犬を指すように部類分けがされました。

ただ今でも ペット業界で働くひと以外の大部分は総称して「 小型犬 」と呼んでいます。

どうして小型犬は「 食べムラ 」があるの?

http://xn--w8j5ctjvc3ac7f1pp233cgefj17h.com/
出典:http://xn--w8j5ctjvc3ac7f1pp233cgefj17h.com/

第1の原因としては、ドライフードの粒が大きいことが挙げられます。

例えば、体重3㎏の犬に体重10㎏の犬と同じドッグフードを与えてみたとしましょう。

小型犬にとってそのドッグフードは、きっと「 噛み砕きにくいもの 」であり、与え続けると食が細くなってしまう傾向があります。

第2の原因として、飼い主による贅沢が挙げられます。

小型犬は、そのサイズ感や容姿から飼い主に溺愛されがちです。

そのため「 おやつ 」や「 人間の食事 」を食べさせて貰っている事が多く、舌が肥えている可能性が大いにあります。

そうしたことから、犬専用であるドッグフード自体を好まなくなってしまうことがあります。

小型犬に合うドッグフードの特徴・与え方とは?

犬は体のサイズが小さくなる程、体重1㎏当たりに必要なエネルギーが多くなります。

そのため小型犬に向けて作られたドッグフッドは、高たんぱく・高カロリーである事が特徴です。

小型犬は体型に限らず消化器官なども小さいことから 一度に消化できる量も限られています。

複数回に分けて食事を与えると、消化しやすく体に余計な負担をかけずに済みます。

但し、運動量が少ない小型犬には「 食事量を減らす 」などの調節をして肥満にさせないように心掛けましょう。

『 小型犬に合ったドッグフードとは? 』まとめ

小型犬は食に対してシビアで『 食べムラ 』が頻繁に起こることがあります。

今までと違うドッグフードを購入する前には、試供品などを活用し「 愛犬が食べるか否か 」を判断してから購入するのが賢い方法です。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ