【厳選!】保管・食事に適したドッグフードのストック方法・アイテム

http://tsunayoshi.tokyo/c/0e2a2321bf365406733319af2f738a563367dbe9
出典:http://tsunayoshi.tokyo/c/0e2a2321bf365406733319af2f738a563367dbe9

ドッグフードの品質を維持したければ、ドッグフードを保管する際のアイテム選びも重要な項目です。

「 子犬 」や「 老犬 」に対しては、ドッグフードを食べさせる時の入れ物にも気を使えるとなお良いでしょう。

そこで今回は、ドッグフードに関するアイテムについて見て行きましょう。

ドライタイプドッグフードにぴったりなフードストッカー

ドライタイプのドッグフードの場合、パッケージにジッパーがついている物が多いです。

  • 多頭飼い
  • ドライフードが小袋に入れられているなどドッグフードを消費するペースが早い場合。

購入した時のまま、ジッパーのついた袋で保存というシンプルな方法でもいいでしょう。

ですが、そのような場合でない時は、フードストッカーで保管することをオススメします。

未開封パッケージは最高の保管場所

フードストッカーを利用している方は、ドッグフードが残り僅かになった時、継ぎ足しをする方が多いです。

ですが、品質管理の観点においては、継ぎ足しは決してしないで頂きたいです

未開封であるという事は、そのドッグフードにとって最高の保管状態と言えます。

「 やたらに保管用の入れ物に入れかえれば良い 」という訳ではありません。

老犬用には入れ物の高さにも気を配りましょう

http://s.webry.info/sp/kyotokiko.at.webry.info/201204/article_4.html
出典:http://s.webry.info/sp/kyotokiko.at.webry.info/201204/article_4.html

犬は7歳を超えると、老犬に分類されます。

その頃には、ひとつの老化現象として

  • 筋肉が減る
  • 歯が抜け落ちるなどが挙げられます。

「 どんなに愛らしかった犬も加齢には敵わない 」ということです。

「 筋肉量が減ってきた 」と感じた際には、食事している様子を観察し、必要であれば食器を新調してあげましょう。

犬に食事を与える際、入れ物を床やマットの上に置いて与えていると思います。

犬にとっては、首を下げて食事を取る体勢になりますよね。

高さが合っていないと喉につかえ、吐き戻してしまう可能性もあります。

顔の高さに入れ物があれば、老犬でもドッグフードが食べ易くなります。

これは、「 水を飲む際 」や「 生後6か月未満の小さな子犬 」にも同じ事が言えます。

『ドッグフードのストック方法・アイテム 』まとめ

ドッグフードの入れ物は、保管する時や食事を取る時に大切な道具の1つです。

ドッグフードは、犬にとってメイン料理です。

それらを最適な状態で飼い犬の口に運ぶためには、入れ物にもこだわれると良いでしょう。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ