【ペットシッター】は、どんな資格?必要性や受験資格を徹底調査%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%80%e7%84%a1%e6%96%99%e3%80%80%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc

ペットシッターとは、飼い主が留守の間鍵をお預かりし、お客様宅でペットのお世話をするお仕事です。

そこで今回は、「ペット向けのシッター」であるペットシッターのお仕事を見て行きましょう。

ペットシッターの必要性

「 動物愛護管理法 」改正され、ペットシッターは、第一種動物取扱業の動物取扱責任者として動物を保管する為の知識と技術を取得する事が必要とされました。

そのため「 知識と技術を持っている 」ということを証明する資格を取得しなければなりません。

なお現在、ペットシッターを証明する為の資格は以下の通りです。

  • 「 公益社団法人 日本愛玩動物協会 」による「 愛玩動物飼養管理士 」
  • 「 公益社団法人 日本警察犬協会 」による「 認定訓練士 」
  • 「 一般社団法人 優良家庭犬普及協会 」による「 グッド・シチズン・テスト(GCT) 」

※これらは一例です。

ペットシッターになる為の受験資格

%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%80%e7%84%a1%e6%96%99%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

出典:http://miyazakipetsitter.com/

ペットシッターの受験資格は団体により異なります

多くの団体に挙げられる受験資格としては、「 18歳以上 」「 動物愛護法に違反歴がない者 」を対象としています。

また、「 団体や協会に入会 する 」事も条件として挙げられています。

ペットシッターの受講料・受験料

ペットシッターの受講料・受験料は、団体により異なります。

受講料・受験料の目安として、以下を参考にして下さい。

通信教育の場合 約50,000円~

通学の場合   約90,000円~

ペットシッターになる為の勉強方法

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ae%e6%95%a3%e6%ad%a9%e3%80%80%e7%84%a1%e6%96%99%e3%80%80%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc

ペットシッターは、不幸な事故に見舞われる動物を減らすため、法律により制度を改訂しました。

通信教育など自宅で試験を受ける事も出来ますが、真剣に勉強をし、知識と技術を身に付けなければ資格取得は以前より難しくなりました

現在のペットシッターにおいては、怠惰な勉強は言語道断です。

ペットシッターの主な活躍の場

ペットシッターに携わる資格を取得した方は、以下の仕事に従事しています。

  • 訓練士
  • しつけ教室
  • ペットホテル
  • ペットシッターなど、数多くの道が開けています。

『 ペットシッターはどんな資格なのか? 』まとめ

ペットシッターは、開業の為に資格を取得したケースが多く『 開業への近道 』とも言われています。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ