お金の事は聞きにくい!ペット預かりの料金はおいくら?

ペット預かりの料金について

ペットを預けると、それなりの値段を想像する方も多いでしょう。

ましてや、出張や海外旅行により、ペットを長期間、宿泊させるとなると、ペットを預ける事さえ検討してしまうでしょう。

そこで今回は、ペット預かりの料金についてご紹介します。

1. ペット預かりの料金システムは犬種により決まる

ペット預かりの料金は、犬種、または、体重により料金が変動します。

また、複数の部屋がある施設の場合、部屋のグレードにより、値段が変動します。

その為、小型犬より中型犬、中型犬より大型犬の方が、より大きな部屋を必要とする為、料金が高くなるシステムとなっています。

2. ペット預かりの相場は、小型犬が3,000円

ペット預かりの相場は、1泊あたり、小型犬が3,000円、中型犬が4,000円、大型犬が5,000円です。

また、この価格帯のペット預かりに付随するサービスは、以下の事内容が一般的です。

  • 1日2回の給仕(フードは持参)
  • 1日1~2回の部屋掃除(トイレシートの取替えや拭き掃除等)
  • 1日1~2回の散歩(小・中型犬は施設内での散歩が多い)

また、部屋をスイートルームにした場合、小型犬1匹の1泊あたりの料金が1万円を越える事もあります。

3. 最低料金でペット預かりの質をチェックできる

ペット預かりといっても、様々な施設があり、ペットと飼い主に合った施設を見つけ出すのは大変な事です。

そこで、ペット預かりを選ぶ上で、1つの目安として頂きたいのが、最低料金です。

ペット預かりも、人間のホテル同様、ランクがあります。

そして、ペット預かりの場合最低料金が、そのペット預かりの基準となります。

『料金』『泊まり心地』『立地』『スタッフ』など、そのペット預かりが何を優先して、施設を運営しているのか、きちんと目安にする事で、お気に入りの施設を見つけ出せる事でしょう。

4. 割引料金・割増料金がある

ペット預かりにも、割引や割増が存在します。

割引は、長期滞在や多頭飼いの場合に適用される事が多く、1割程度の金額を割引する施設が多いです。

割増は、オンシーズンと呼ばれる『盆』『正月』『ゴールデンウィーク』等に、1割程度の金額を割増する施設が多いです。

お金の事は聞きにくい!ペット預かりの料金はおいくら?まとめ

ペット預かりの料金は、ピンからキリまでです。

高い値段を支払ったからといって、ペットが満足する留守を送れるとは限りません。

しかし、私の経験上、低価格のペット預かりは、オンシーズンに預けると、十分なお世話をしてもらえないのか、ペットに悲しい想いをさせてしまいました。

 

関連記事:犬を迎える前に!知っておくべき飼育費用について

関連記事:ワクチンの種類別/犬のワクチンって、値段はいくら位なの?

関連記事:犬をレンタルするには?料金・特徴・ルールについて


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ