「ペット預かりサービス」って何をしてくれるところ?

「ペット預かりサービス」について

旅行や出張など、どうしてもペットを預けなくてはいけない場合、便利なサービスがあります。

そこで今回は、ペット預かりサービスについてご紹介します。

1. ペットホテルの長所

ペットを預ける際、ペットホテル専門店動物病院へ預ける方が多いでしょう。

ペット預かりのサービスを行う施設では、獣医師や専門知識を備えたスタッフが、留守中に、ペットの面倒を見てくれる為、病気等による、もしもの時にも対応してくれます。

また、ブログに預かり中の写真や動画を公開している店舗もある為、留守中のペットの様子を見る事もできます。

2. ペットホテルのデメリット

何事においても、良い事ばかりではありません。

ペットホテルには多くの犬や猫などの動物が宿泊しています。

その為、事前に予防接種やノミ・ダニ予防を指示されるケースが多いです。

また、施設によっては、事前に検査を行い、病気の有無を確認する事もあります。

さらに、ペットホテル専門店の場合、高齢の犬や猫の預かりは断られる事があります。

3. ペットホテルで持参するもの

基本的には、ペットホテルには、トイレシートやベッドなど、ペットが生活する為に必要なアイテムが揃っています。

しかし、預ける際のマナーとして必要なものをご紹介します。

  • キャリー

送迎に必要です。

徒歩で通える範囲であれば、必要はありません。

  • フード

1食ずつ小分けにしたフードの持参が必要な施設が多いです。

施設によっては、別料金、または、サービスに含まれている事もあります。

  • お気に入りのアイテム

慣れない環境でのお留守番は、ペットにとって不安がいっぱいです。

その為、いつも遊んでいるおもちゃやベッドなどを持参すると、いつもの匂いを実感でき、安心できます。

「ペット預かりサービス」って何をしてくれるところ?まとめ

ペット預かりサービスを利用する条件として、預けるペットは健康である事が前提です。

病気や怪我等により、通院や治療(服薬を含む)が必要な場合、医療行為となり、法的に預かれない施設もある為、動物病院で、入院という形式で預ける事になるでしょう。

 

関連記事:チワワの予防接種はどうすればいい?時期や種類、金額は?

関連記事:犬がダニに襲われる前にやっておくべき予防と対策

関連記事:犬に寄生!?犬と関係の深い虫について知ろう!


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ