比較して判断しよう!本当に良い犬の保険とは!?

比較して判断しよう!本当に良い犬の保険を紹介!

大きな病気やケガをした際、「保険に入っていればよかった」と話す飼い主さんは少なくありません。

しかし、一体、何を基準とし選んだら良いのか、悩む方も多い事でしょう。

そこで今回は、比較対象を設けて、犬の保険についてご紹介します。

犬の保険にも年齢制限がある

人間の保険同様、犬の保険にも、年齢制限が設けられています。

約10年前のペット保険の場合、0歳の犬しか加入する事が出来ず、7歳を迎えると同時に更新が出来ない保険もありました。

しかし、現在では、16歳11か月まで加入する事が可能なタイプもあり、終生、更新し続ける事が可能な場合もあります。

犬の医療費にお金が必要となるのは、7歳を超えてからです。

この時期に保険の新規加入または更新ができないペット保険は、現在、あまり見掛けません。

医療器具にも保険が利用可能!?

ダックスフンドやコーギーなど、足の短い犬は、椎間板ヘルニアを患う可能性が高く、手術を行い、車いす生活を余儀なくされる場合も多々あります。

ポイントは、手術後における問題です。

現在、多くのペット保険は、手術、通院にかかる医療費は決められた金額の中で補償してくれます。

しかし、リハビリとして日常生活に使用する医療器具には、保険がおりない事があります。

保険加入時は、飼育している、または、飼育を検討している犬がかかりやすい病気をリサーチし、その犬種に合った保険を選べると良いですね。

珍種は保険加入が難しい!?

日本では飼育が珍しい犬は、保険の加入を断られる場合があります。

それは、その犬種がどの様な病気にかかり易いか分からない為です。

ペット保険の多くは、全ての病気やケガに対応できる訳ではありません。

限られた病気やケガに対し、保険料が支払われる為、珍種は保険の加入に時間がかかったり、断られる事があります。

比較して判断しよう!本当に良い犬の保険とは!?まとめ

ペットショップで犬を購入する際、無料で1~3ヶ月程、保険に加入している場合があります。

まずは、その保険について、ペットショップの店員さんや、保険会社へ連絡をとり、保険の特性を理解すると、良いでしょう。

 

関連記事:犬を対象としたペット保険に関するたった3つのポイント

関連記事:犬を迎える前に!知っておくべき飼育費用について

関連記事:知って得する!ペット保険「いぬとねこの保険」


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ