犬のお風呂を簡単にするタオルの選び方を紹介!

犬のお風呂を簡単にするタオルの選び方について

犬をお風呂に入れた後の毛に含んだ水分を拭き取るのは、重労働ですよね。

そこで今回は、犬の飼い主さんのお悩み別、オススメの犬のお風呂用タオルについてご紹介します。

お悩み1「濡れた体のまま、お風呂から出てしまう。」

多くの飼い主さんが抱える悩みとして、「濡れた体のまま、お風呂から出てしまう。」というお声が上がっています。

お風呂の中でブルブルをしてくれれば良いものの、お風呂の外へ出て、ブルブルをしてしまうから、余計なお掃除をする羽目になってしまうものです。

そんなお悩みをお持ちの飼い主さんには、吸水性の高いタオルをオススメします。

タオルを犬の体の上に置き、上から軽く押さえるだけで水分を吸収してくれるタオルが多く販売されています。

お悩み2「犬の毛がタオルにからみついてしまう。」

多くの飼い主さんが抱える悩みの1つとして、「犬の毛がタオルにからみついてしまう。」というお声が上がっています。

毛に含んだ水をよく取ろうとする程、犬の余分な毛が、タオルにからみつき、取れにくくなってしまうものです。

そんなお悩みをお持ちの飼い主さんには、PVAタオルをオススメします。

一般的なタオルとは異なり、縫い目なども無い為、毛がつきにくく、取れ易い事が特徴です。

お悩み3「ドライヤーを嫌う。」

「ドライヤーは絶対にかけさせない。」というお悩みを抱えている飼い主さんが多いです。

夏ならまだしも、冬にドライヤーをかけずに放置しておくのは、風邪をひかしてしまう原因にもなりかねません。

そんなお悩みをお持ちの飼い主さんには、吸水性の高いタオルを複数枚、所持する事をオススメします。

吸水性の高いタオルで体を入念に拭いた後、耳の上にタオルをおいて下さい。

犬がドライヤーを嫌う理由は、ドライヤーの音です。

音をなるべく聞かせなければ、犬もそこまでドライヤーを嫌う事はありません。

 

関連記事:犬と一緒に入れる!カフェでの正しい過ごし方3選

関連記事:犬のお風呂嫌いを改善する6つのポイント

関連記事:犬と一緒に快適なドライブを楽しめるポイント3選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ