知りたい!!ペットシッターの仕事内容とは?

ペットシッターの仕事内容とは?

ペットシッターという仕事を耳にする機会はあっても、実際に、どの様なお仕事をしているのか、意外と知られていません。

そこで今回は、ペットシッターの仕事内容についてご紹介します。

1. ペットシッターの主な仕事内容

ペットシッターは、留守中の自宅で、飼い主の代わりにペットのお世話をするお仕事です。

ペットホテル等、ペットを預かる施設が年々、増えていますが、ペット預かりの施設では、預かれるペットに限りがある為、ペットシッターには固定の利用者がいます。

2. ペットシッターがペットを預かるまで

ペットシッターを利用する場合、まずは事前打ち合わせ必要です。

ペットの『種類』『サイズ』『性格』『フード』等、お客様の自宅にてヒアリングを行ないます。

自宅でのヒアリングは飼い主との顔合わせだけでなく、ペットにペットシッターを認識してもらう為でもあります。

家庭訪問の際、『コミュニケーションが取れない』等、何らかの問題が発生した場合、お世話を断る可能性もあります。

また、ヒアリングを電話で済ませる会社もあります。

3. ペットシッターの特殊な仕事内容

ペットシッターの主な業務内容は、『散歩』『フードの給仕』『ペットが出した汚物の掃除』です。

しかし、会社によっては、『トリミング』等、身繕いを行なったり、『かかりつけの動物病院へお薬を取りに行く』等、多種多様なサービスを行なっています。

会社によってサービスは異なる為、利用者は事前に確認をしておくと良いでしょう。

4. ペットシッターの知識内容

ペットシッターのお仕事をするに当たり、動物の生態を理解しておく必要があります。

ペットシッターのお仕事は、ペットとして飼育されている動物について、総合的な知識が必要な為、『しつけ』『習性』『病気』等、豊富な知識が必要となります。

知りたい!!ペットシッターの仕事内容とは?まとめ

ペットシッターは、1人でペットと直接向き合うお仕事です。

その為、知識が不十分だと、業務に大きな支障をきたしてしまいます。

ペットシッターを目指している方は、豊富な知識を身に付けましょう。

 

関連記事:【 動物資格一覧 】やりたい仕事を見つけよう!!

関連記事:【 ペット トレーナー 】は、どんな資格? 必要性や受験資格を徹底調査

関連記事:【ペットシッター】は、どんな資格?必要性や受験資格を徹底調査


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ