【 動物資格一覧 】やりたい仕事を見つけよう!!%e5%8f%af%e6%84%9b%e3%81%84%e5%8b%95%e7%89%a9%e3%81%ae%e7%84%a1%e6%96%99%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%80%80%e5%8b%95%e7%89%a9%e3%81%ae%e8%b3%87%e6%a0%bc%e4%b8%80%e8%a6%a7

動物に関わるお仕事といっても「 どの動物なのか 」「 その動物になにをしてあげたいのか 」によって、将来の選択は変わってきますし、種類も様々です。

動物に関わるお仕事を調べていくうちに「 本当にしたいお仕事がどれなのか? 」と悩む事でしょう。

まずは、動物資格一覧を見てやりたい仕事を見つけてみるのはいかがでしょう。

業務内容を理解するときっと、スムーズな進路選択ができるのではないでしょうか。

そこで今回は、人気のある動物資格を一覧でみていきましょう。

1.動物の生命に関わる動物資格一覧

まずは、動物の命と密接に関わる動物資格を一覧で見ていきましょう。

獣医師

獣医師の活躍する場所は、動物病院だけではありません

ズーノーシスを始めとする感染症の研究所などで働く獣医師もいます。

獣医師免許をもっていると「 動物の治療 」をするだけでなく、人と動物が共存できる世の中のために働くことも可能です。

動物看護士

主に、獣医師のサポートをするお仕事です。

動物病院で怪我をした動物の看護をするための技能や、知識を持った人に与えられる資格です。

似たような名称の資格で、「 動物看護技能師 」があります。

資格を運営している団体がちがうと、資格の名称もかわります。

アニマル・ヘルス・テクニシャン

怪我や病気をした動物の看護をする為の技能や知識、人格を有する事を認定する資格です。

「 獣医師のサポート 」だけでなく、動物のリハビリ・介護 」「 飼い主へのカウンセリング 」なども行うことができるお仕事です。

頭文字をとって略し、AHT

動物衛生看護士 」などと呼ばれる事もあります。

ブリーディング技能士

愛玩用( あいがんよう )の動物を繁殖( ブリーディング )することができる資格です。

動物看護学 」「 動物繁殖学 」など、幅広い知識を必要とするお仕事です。

家畜人工授精師

家畜としてお世話する動物の人工受精を行い、繁殖させるのが主なお仕事です。

初生雛鑑別師( しょせいひなかんべつし)

ひよこの性別である「 オス 」「 メス 」を瞬時に判断するスピードが重要なお仕事です。

養鶏場では、欠かせない存在です。

2.動物の身の回りのケアに関わる動物資格一覧

http://16zhekou.com/
出典:http://16zhekou.com/

次に、動物の身だしなみやエチケットに関係する動物資格を見ていきましょう。

トリマー

「 シャンプー・リンス 」「 カット 」「 爪切り 」「 耳掃除 」など、動物の身だしなみを整えるお仕事です。

ペット美容師 」「 ペット・グルーミング・スペシャリスト 」などと呼ばれる事もあります。

トリミング技能士

トリマーと同じように「 シャンプー・リンス 」「 カット 」「 爪切り 」「 耳掃除 」が行えることに加えて、「 寄生虫の駆除 」「 フケ予防策 」トータルで動物の身だしなみを整えることができるお仕事です。

ドッグセラピスト

マッサージなどの方法で、犬に癒しを与えるお仕事です。

現在、多くの団体・企業がドッグセラピストを運営しています。

どの資格を取ればいいのか、種類が多くて迷ってしまいがちなのが現状です。

家庭犬のしつけ訓練士

家庭で飼育されている犬に対して、「 社会性 」や「 マナー 」をしつけるだけで完了するお仕事ではありません。

飼い主に対しても、「 犬を飼う際のエチケット 」や「 犬との接し方 」をアドバイスすることが出来る資格です。

似たような資格で「 家庭犬トレーニング技能師 」や「 愛玩動物飼養管理士 」などがあります。

資格を運営している団体によって、資格の名称や勉強内容が少し違います。

ペットトレーナー

習得する知識について「 家庭犬のしつけ訓練士 」と大きな差はありません。

動物愛護及び管理に関する法律 」により、資格が定められる事となりました。

きちんと動物をしつけるお仕事です。

3.人間の生活に関わる動物資格一覧

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ae%e6%95%a3%e6%ad%a9%e3%80%80%e7%84%a1%e6%96%99%e3%80%80%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc

 

続いて、動物と関わる人間に対しての指導がメインとなる動物資格を見ていきましょう。

ドッグライフカウンセラー

犬の飼い方 」から「 人間と犬の社会的な関係性 」までの飼い主が抱える幅広い悩みに対して、カウンセリングをすることができる資格です。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー

犬の「 しつけ方 」「 人と暮らす上でのルール 」を飼い主にも指導することができる資格です。

ペットシッター

飼い主が留守の間、普段ペットが過ごしている自宅へ訪問します。

お留守番をしているペットのお世話をするのが主なお仕事です。

ペット販売技能師

ペットを販売する上で必要な知識と技能をもった人に与えられる資格です。

お客様に対して「 動物を飼う上での重要事項 」や「 飼育方法 」を説明し、その説明によって引き渡す動物の生活が決まります。

どんな質問も受け答えできるようために、多くの知識を必要とします。

盲導犬訓練士

盲導犬になる犬の訓練をすることがお仕事です。

「 視覚障がい のあるひとの目となる 」犬に育てあげる知識は、専門的なものが多くあります。

4.動物の介護に関わる動物の資格一覧

最後に、高齢の動物に たずさわることができる動物介護の資格を見ていきましょう。

動物介護士

加齢などの理由から「 介護 」が必要となった動物の手助けをするお仕事です。

いまは、飼い犬の4匹に1匹は12歳以上と言われています。

ペット界においても高齢化がすすむ現代では、需要が高まりつつある資格です。

『 動物に関する資格にはどんなものがあるのか? 』まとめ

今回は、ペットビジネスにおいて活躍の場が多い資格を中心に見てきました。

この場では紹介しきれなかった 多くの動物資格が日本には存在します。

今回、興味が持ったお仕事はありましたか?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ