【 動物看護技能師 】は、どんな資格? 必要性や現状を徹底調査%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%99%e3%82%8b%e5%8b%95%e7%89%a9%e3%80%80%e5%8b%95%e7%89%a9%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e6%8a%80%e8%83%bd%e5%b8%ab

動物看護技能師は、かつて取得可能な資格でした。

しかし現在、認定していた団体が取り扱わなくなり取得不可能な資格となってしまいました。

そこで今回は、「 幻の資格 」である動物看護技能師のお仕事を見て行きましょう。

動物看護技能師の必要性

動物看護に関わる資格は、全てが民間団体による認定資格です。

動物看護技能師 」もそうですが、認定していた民間団体の都合により取得することができなくなってしまう事態は決して少なくありません。

勿論、すでに「 動物看護技能師 」の資格をもっている方は、優れた知識と技能をもっていることには変わりないのですから、お仕事する際に十分通用する資格です。

動物看護技能師の主な活躍の場

%e7%9b%b2%e5%b0%8e%e7%8a%ac4動物看護技能師の資格を取得した方は、以下の仕事に従事しています。

  • 動物病院
  • ペットショップ
  • ペットシッターなど、数多くの道が開けています。

「 動物看護学 」や「 ペット社会学 」割合多く習得するので、主に動物病院で働く方が多いです。

動物看護師という仕事と資格の重要性

国家試験を受験し、合格した者しかなれない「 獣医師 」や「 初生雛鑑別師 」とは違い、動物看護師は、必ず資格を取得しなければ就けない職業ではありません。

しかし、その資格を勉強する際には、必要な知識と技能を得ることができます。

そして即戦力として認められ、無資格の人と比べて就職が有利になります。

動物看護師は命にかかわる重要なお仕事にも関わらず、数多くの団体が資格を認定していてその価値がイマイチ確立されていません。

動物看護師という資格に権威を持たせるべく 動物看護師統一認定試験 」という試験を実施・資格の統一化を計っている団体もありますが、まだ一部の試みです。

「 就職を有利にする 」「 知識を身に付ける 」など、「 すきを仕事にする 」にはとても大切なステップになる資格ですが、その背景を感じるとまだまだ発展途上中の分野ではあります。

『 動物看護技能師はどんな資格なのか? 』まとめ

動物看護技能師は、かつて「 財団法人 職業技能振興会 」が実施していた認定制度です。

団体が「 動物看護技能師 」という資格を取り扱わなくなったとはいえ、不要とは言い難い資格と言えるでしょう。


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ