犬を苦しめるダニ2選について紹介!

犬を苦しめるダニ2選について

は散歩中だけでなく、飼い主が持ち運んだ靴等から、ダニに寄生される事があります。

そこで今回は、犬を苦しめるダニについてご紹介します。

1. ニキビダニ症

【病態】

ニキビダニ症とは、ネコニキビダニ(ダニの一種)が寄生する事で起こる病気です。

ニキビダニは、2~3㎝の細長いダニで、毛穴の中に寄生し、皮膚炎を起します。

【症状】

頭、顔面周辺、首等に、皮膚炎が起こり、稀なケースでは、足、お腹、背中等にも皮膚炎が見られます。

ニキビダニ症は、脱毛とフケがみられた後、赤くただれ、カサブタができる事もあります。

あまり痒くはならないものの、ネコニキビダニが耳に寄生をすると、外耳炎(※1)を発症する事もあります。

(※1)外耳炎…外耳炎とは、外耳道に炎症が起こる病気です。

外耳道や外耳道の周辺が『腫れる』『痒い』『多量の耳垢』等の症状があります。

【治療方法】

主な治療方法は、ダニ用の駆虫薬か薬浴です。

また、外耳炎を併発した場合、抗生物質を含む、点耳薬を投与する事もあります。

【予防対策・感染ルート】

ニキビダニに対する、特別な予防対策はありません。

ニキビダニは、猫の体に常在している寄生虫です。

その為、猫はニキビダニが原因で発症する事はほぼありません。

しかし、猫と同居している犬の場合には、発症が見られる事もあります。

犬に限らず、病気やストレス等で、ニキビダニ症を発症する事があります。

住環境は常に清潔にしておき、毎日、健やかに生活をさせる事で、ニキビダニ症を防ぐ事はできます。

2. マダニ症

【病態】

マダニ症とは、マダニ(ダニの一種)に噛まれる事で発症する病気です。

マダニは、屋外や野山に生息している大型のダニです。

吸血後は、1円玉程の大きさにまで膨れ上がる為、肉眼でもしっかりと確認する事ができます。

「イボかな?」と思ったら「ダニだった!」というケースは少なくありません。

【症状】

マダニに噛まれると、

  • 痒み
  • 痛み
  • 貧血
  • 歩行困難

等が、みられます。

そして、症状が悪化すると、

  • ダニ麻痺症(※2)
  • 野兎病(※3)

等が、みられます。

(※2)ダニ麻痺症…メスダニの唾液に含まれる神経毒により起こる麻痺です。

脳神経、交感神経系、呼吸筋に障害を起こす可能性もあります。

(※3)野兎病(やとびょう)…野兎またはマダニから感染する事があり、東北全域と関東の一部で多く見られます。

『頭痛』『吐き気』『筋肉の痛み』等、インフルエンザに似た症状の後、皮膚の膿瘍、リンパ節の腫脹になります。

【治療方法】

数匹のマダニに感染された場合は、ピンセットで皮膚を刺さったマダニを引き抜きます。

マダニの体をつぶしてしまうと、マダニの口から犬の体内へ病原菌が入り込む為、十分に注意をしましょう。

また、火を近付けると、マダニは皮膚へ激しく食い込む為、炙り殺そうとする事は控えましょう。

万が一、マダニの口の先端が、犬の皮膚内に残ってしまった場合は、早急に獣医師に相談をしましょう。

大量のマダニに寄生された場合は、殺虫効果のある点下薬やスプレーを用いて、マダニの除去を行います。

また、大量のマダニに寄生された場合、体内へ病原菌が入り込んでいる可能性がある為、抗生物質を投与する事があります。

【予防対策・感染ルート】

主な感染ルートは、草むらへの侵入です。

都会であっても、公園や街路樹の影にマダニが潜んでいる事はあります。

また、マダニの思な活動時期は春から初夏にかけてですが、近年では、冬に感染した事例も出ている為、1年中、気を付けるべき相手ではあります。

散歩から帰った後は、コーミングをし、散歩の際に付着した埃やマダニ等を落としましょう。

マダニは大きなダニの為、ノミ・ダニ取り様のコームを使用すれば、手入れがし易いです。

犬を苦しめるダニ2選について紹介!まとめ

犬がダニに感染するのは散歩中が最も多いと言われています。

いかに美しく、清潔な場所であろうと、全く虫がいない場所はありません。

ダニに対抗する為には、日頃から住環境を清潔する事が大切です。

 

関連記事:犬がダニに襲われる前にやっておくべき予防と対策

関連記事:犬と楽しい旅行をするための8つのルール

関連記事:犬にノミが寄生してから駆除するまでの方法


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ