犬の主な「関節病」2選について紹介!

犬の主な「関節病」について

人間のみならず、犬にも様々な関節病があります。

そこで今回は、犬の主な関節病についてご紹介します。

関節病1 椎間板ヘルニア

犬の関節病の中で、有名な病気の1つです。

【症状】

  • 背中を触ると痛がる
  • 足を引き摺る
  • ふらつく
  • 階段の上り下りをしたがらない
  • 2本足で立てない

など。

【原因】

  • 人間が犬を踏む
  • 頻繁なジャンプ
  • 激しい運動

など、椎間板への大きな負担が原因です。

椎間板が損傷すると、椎間板の内にある髄核が飛び出し、脊髄を圧迫します。

脊髄の圧迫により、痛みや麻痺が起こります。

【治療法】

軽症の場合、ステロイド剤などを使用し、痛みを抑え、運動を控えるなどの方法をとります。

『歩行困難』『重度な麻痺』など、重症の場合、手術により、脊髄を圧迫している椎間板物質を除去します。

また、術後は歩行訓練を行います。

個体によっては、以前と同じく歩く事が出来ない場合もあります。

【かかりやすい犬種】

  • ダックスフンド
  • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
  • コッカー・スパニエル
  • シーズーパグ

など。

【対策法】

  • 激しい運動は避ける
  • 段差と坂道はあまり歩かせない
  • フローリングにはカーペットを敷く

など、腰への負担を軽減させる。

関節病2 股関節形成不全

特に大型犬にみられやすい病気の1つです。

【症状】

  • 腰を振るように歩く
  • 足を痛がる
  • 足を引き摺る
  • 階段の上り下りを避ける後ろ足を同時に蹴るように歩く

など。

股関節形成不全は、骨盤のくぼいと大腿骨の頭がうまくはまらず、関節がはずれるまたははずれそうな状態の事を差します。

【原因】

  • 先天性
  • 子犬期に肥満

など、股関節への大きな負担が原因です。

また、先天性による発症が7割を占めています。

【治療法】

犬の年齢が若く、軽症の場合、運動や食事の管理を行い、鎮痛剤や抗炎症剤を投与し、長期間、治療を行います。

重症の場合は、手術により、改善を図ります。

年齢・体重・症状などにより、治療法は異なります。

【かかりやすい犬種】

  • シェパード
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラブラドール
  • バーニーズ・マウンテン
  • ニューファンドランド
  • シベリアン・ハスキー

など、大型犬に加え、

  • ウェルッシュ・コーギー・ペンブローク
  • シェルティ
  • 柴犬ブルドッグ

など、中型犬にもみられます。

【対策法】

原因の7割が先天性による為、主な対策がないのが現状です。

ただし、唯一、気をつけておくべき事は、子犬期に肥満にさせない事です。

 

関連記事:全てのペット保険には特性がある!?おすすめしたい犬の保険を紹介!

関連記事:犬の虫刺されを発見したら?虫別の対処法や予防にまつわる知識

関連記事:犬の便秘を解消するために必要な知識4選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ