猫・犬を飼育している方必見!ネコのノミアレルギー性皮膚炎について

猫・犬を飼育している方必見!ネコのノミアレルギー性皮膚炎とは?

猫がノミによりトラブルを起こすのは、アレルギー反応によるものが多く、その現象をノミアレルギー性皮膚炎といいます。

今回は、ノミアレルギー性皮膚炎についてご紹介します。

1. ノミアレルギー性皮膚炎とは?

ノミアレルギー性皮膚炎とは、ノミの唾液に含まれるたんぱく質等に猫の皮膚が反応し、アレルギー反応を起こす皮膚炎の事を指します。

2. ノミアレルギー性皮膚炎の原因とは?

原因は、ノミに寄生された際に付く、ノミの唾液に含まれるたんぱく質等です。

にはネコノミ(ノミの一種)が寄生しており、ノミアレルギーを起こすか否かは、その猫の体質や住環境により異なり、症状も様々です。

3. ノミアレルギー性皮膚炎の症状とは?

症状は、首、背中、お尻等に、脱毛、赤い発疹等が見られ、とても痒がる事が特徴です。

患部を『舐める』『引掻く』『物に擦り付ける』等をし、痒みを鎮めようとしますが、痒みが治まらないと、血が出る程、かきむしってしまう猫もいます。

4. ノミアレルギー性皮膚炎の治療方法とは?

治療方法は、抗アレルギー物質の投与と同時に、スポットタイプ(点下薬)を用いたノミの予防と駆除を行います。

また、多頭飼いをしている場合や、他の動物(犬等)を飼育している場合は、二次感染や再発防止の為、一緒に駆虫を行います。

さらに、猫用のベッド等の衣類には、ノミの卵や幼虫、さなぎ等が潜んでいる為、徹底した除菌を行いましょう。

5. ノミアレルギー性皮膚炎の予防対策とは?

予防対策は、定期的なノミの予防です。

動物病院等で購入可能なスポットタイプの駆虫剤を使用し、ノミが付かない為の、対策をします。

また、室内はノミが潜んでいる為、ソファやカーペット等の衣類は、こまめに洗濯や除菌をしましょう。

猫・犬を飼育している方必見!ネコのノミアレルギー性皮膚炎についてまとめ

近親繁殖をしている猫は、ノミアレルギー性皮膚炎を起こす確率が高く、こまめなお世話が必要となります。

そして、ノミアレルギー性皮膚炎は、突然、発症する事もあります。

その為、住環境は常に清潔に保つ様、心掛けましょう。

 

関連記事:キャットフードによりアレルギーが発症する3つの理由

関連記事:知っておくべきキャットフード【 缶詰 】の3つの知識

関連記事:【 こんなにあったの!? 】キャットフードの収納ケース


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ