【鳥編】ペットシッターのサービスを紹介!

【鳥編】ペットシッターのサービスについて

を専門としたペットシッターは少数派ながらも、全国に点在しており、小型種から大型種まで、幅広く対応しています。

そこで今回は、ペットシッターに鳥のお世話を依頼する飼い主向けに、ペットシッターのサービスをご紹介します。

1.ペットシッターは前日にヒアリングを行う!?

ペットシッターはお世話をするペットを確認する為、10日から1日前までに、お世話をするペットがいるお宅にて、ヒアリングを行います。

ヒアリングはペットの種類を問わず行われます。

飼育方法は、各家庭により異なる為、ペットシッターは、お世話の内容を事前に伝えます。

お世話の内容が足りないと感じた場合は、『ケージは毎日、洗って欲しい。』『フードと一緒に、小松菜を置いてあげて欲しい。』等、詳細な依頼内容を伝える必要があります。

初めてペットシッターを利用する場合は、特に、詳細に伝えておかないと、『部屋がいつもより汚い。』『食事の内容が不服。』等、ペットに悲しい想いをさせてしまう事があります。

2. 特殊なお世話は受け入れてもらえない可能性がある!?

『生きている虫を食事として与えて欲しい。』等、特殊なお世話を依頼すると、お世話を断られる場合があります。

飼い主にとっては、可愛いペットの為にしている事であっても、他人からすれば、理解できない事もあります。

鳥専門のペットシッターの場合、特殊なお世話をしてくれる事もありますが、明らかに一般的ではないと、ご自身で把握している場合は、
自宅でのヒアリングを行う前に、相談をしてみましょう。

3.猛禽類のペットシッターは少数派!?

ペットシッターが言う大型種の鳥とは、オウムやヨウム等の種類を指し、鷲や鷹等の猛禽類を指す事は滅多にありません。

また、猛禽類のお世話をするペットシッターは、『ペットシッター』『ペットシッター士』等では、お世話をするに当たり、不安が残ります。

その為、猛禽類のお世話を依頼する際には、依頼するペットシッターの経歴等を確認し、慎重にペットシッターを選びましょう。

【鳥編】ペットシッターのサービスを紹介!まとめ

インコやブンチョウ等、小型種の鳥の場合、お世話を請け負う会社はありますが、オウムやヨウム等、大型種の鳥の場合、お世話を断る会社が大半です。

大型種を飼育されている場合は、生涯、毎日のお世話を飼い主ができる環境下で飼育してあげる事が理想的です。

 

関連記事:【 インコのペットフード 】ってどんなもの?

関連記事:ここが使える!ペット健康手帳

関連記事:ペットを守ろう!健康管理のすすめ


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ