【猫編】ペットシッターのサービスを紹介!

【猫編】ペットシッターのサービスについて

は、慣れ親しんだ場所以外で生活する事を嫌い、ストレスから脱走をしてしまうケースがあり、ペットホテルや動物病院での預かりが難しいケースが多々あります。

そこで今回は、ペットシッターが猫に行うサービスをご紹介します。

1.ペットシッターは猫に対して行なうサービス!?

ペットシッターは、『猫』『犬』『魚』『小動物』等、幅広い種類の動物をお世話する事に長けています。

しかし、主にお世話をしている動物は『猫』と『犬』です。

さらに、ペットシッターは猫のお世話をする機会が多い為、経験値の高いペットシッターが多い傾向にあります。

2.ペットシッターはヒアリングが基本!?

ペットシッターは、実際に猫のお世話をする前に、直接、飼い主と猫に会い、ヒアリングを行います。

直接会った上でヒアリングを行う理由は、突然、知らない人間が自宅に伺う事で、猫が警戒する事を防ぐ為です。

飼い主とペットシッターが信頼関係を築く事で、猫の警戒心を少しでも緩和してあげる事ができます。

また、電話にてヒアリングを行う事がありますが、「信頼できない。」等の理由から、あまり人気が無い様です。

3.ペットシッターには、依頼内容を詳細に伝えておく!?

『1日に与えるフードの量』『運動時間の配分』等、依頼内容は、ヒアリングの際、詳細に伝えておきましょう。

事前に要望を伝えず、「この位の事はしてくれていると思っていた。」と、後になってぼやいても、取返しが付きません。

ペットシッターが行う業務は限られており、想定していた内容と異なる事はよくあります。

親切なペットシッターの場合、お世話の内容を、ヒアリングの際に伝えます。

ペットシッターが行う業務内容を事前に把握した上で、ご自身がペットシッターに希望するサービスを伝えましょう。

猫の飼育方法は家庭により様々です。

ご自身では当たり前の事と思っていたお世話も、一風変わったお世話な場合もあります。

【猫編】ペットシッターのサービスを紹介!まとめ

社交的な猫でない限り、ペットホテルや動物病院に宿泊をし、飼い主の留守を待つ事は難しいです。

ペットシッターを依頼し、家で留守番をさせておく事で、猫へのストレス少しでも軽減させる事が可能です。

 

関連記事:知って得する!ペット保険「いぬとねこの保険」

関連記事:知っておくべきキャットフード【 缶詰 】の3つの知識

関連記事:【 本当に高評価なのか!? 】半生キャットフードの利点と欠点


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ