ブリーディング技能師はどんな資格?必要性や受験資格を徹底調査

http://www.breeders.jp/breeder/252/
出典:http://www.breeders.jp/breeder/252/

バブル崩壊から続くペットブームにより

ブリーディング技能師(通称:ブリーダー)

を目指す愛犬・愛猫家が増えました。

 

しかし、正しい知識をもって繁殖を行わなければ

「死産」など悲しい結果を生み出す事も少なくありません。

 

そこで今回は、ブリーディング技能師のお仕事を見て行きましょう。

ブリーディング技能師の必要性

日本に限らず、海外においても、犬は人間と暮らしを共にしてきました。

 

人間は生活をしていく為、犬をパートナーとし

「 狩猟犬 」「 牧羊犬 」「 愛玩犬 」などそれぞれの用途に分けて犬の交配を続けてきました。

 

始めた頃は知識が無いにも関わらず交配を続けた結果、

その血族が滅んでしまうケースすらありました。

 

この様な悲惨な事態を繰り返さない為にも血統書犬特有の「 遺伝病 」「 かかりやすい病気 」などを理解し、

繁殖に望ましい環境を整える為の知識を有した者をブリーディング技能師としています。

ブリーディング技能師になる為の受験資格

https://pepy.jp/2304
出典:https://pepy.jp/2304

ブリーディング技能師の受験資格は、特に設けられていません

ブリーディング技能師になる為の勉強方法

ブリーディング技能師は「財団法人 職業技能振興会」

が実施している認定制度ですが、現在は取り扱いがされていません

 

他の民間団体においても、ブリーダーの資格は取れます

一例ですが通信教育の場合、受講料込みで約90,000万円にて資格を取得する事も可能です。

ブリーディング技能師の主な活躍の場

http://labaq.com/archives/51820874.html
出典:http://labaq.com/archives/51820874.html

ブリーディング技能師の資格を取得した方は、以下の仕事に従事しています。

  • しつけ教室
  • ペットショップ
  • ブリーダーとして開業
  • ペット雑誌のライターなど、数多くの道が開けています。

ペットビジネスを開業する場合、「動物取扱業」の登録申請を行う必要があります。

各都道府県において、登録申請する為の資格が異なる為確認をしましょう。

『 ブリーティング技能師は、どんな資格なのか? 』まとめ

動物の繁殖は、営利目的では行われておらず

より良い子孫を残す為に行われているとされています。

 

また、ブリーダーとして開業した場合、

扱っている動物やその種類も報告する必要がある為、届け出という面で初めは苦労する事でしょう。

 

正しい専門知識を身に付け、動物たちの発展に携われる素敵なお仕事ではないでしょうか。

関連記事:【 家庭犬のしつけ訓練士 】は、どんな資格? 必要性や受験資格を徹底調査

関連記事:【 ペット トレーナー 】は、どんな資格? 必要性や受験資格を徹底調査


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ