目ヤニで分かる!犬の健康チェックの方法と目にまつわる病気

出典:http://pet-seikatsu.jp/

愛犬の目ヤニに気付いたとき、あなたはどうしていますか?

目ヤニとは、皮脂腺の分泌液や粘液などにより、ゴミが固まったものです。

そこで今回は、目ヤニで分かる『 犬の健康チェックの方法について 』ご紹介します。

目ヤニの色で体調が分かる

目ヤニの色は、その時の体調により異なります。

では、犬の目ヤニで判断できる体調のバロメーターをご紹介します。

 黒~茶色の目ヤニは、正常

  • 黒色
  • 茶色

の目ヤニは、正常な目ヤニの色といえます。

そのため、病気を心配する必要はありません。

これは、正常に分泌された涙に、ゴミやタンパク質が混ざって黒~茶色の目ヤニになるためです。

正常な目ヤニであっても、放置をしていると…

  • 涙やけ
  • ウイルスや菌が繁殖する原因

となります。

目ヤニに気付いたら、こまめに拭いてあげましょう。

 白~薄い灰色の目ヤニは、正常

  • 白色
  • 薄い灰色の目ヤニ

も、正常な目ヤニの色です。

涙にタンパク質が混ざることで、白~薄い灰色の目ヤニがでます。

但し、

  • 強い粘り気のある目ヤニがでている
  • 目ヤニが急増した

といった場合は、眼病の初期症状の疑いがあります。

まずは、目ヤニを拭き取ったのちに経過観察➡改善がみられない場合は、動物病院を受診しましょう。

 黄色~緑色の目ヤニは、病気のサイン

  • 黄色
  • 緑色

の目ヤニは、残念ながら不健康の証です。

  • 白い目ヤニに黄色が混ざっている
  • 緑色の目ヤニが出た

といった場合は、菌が繁殖して結膜炎などにかかっている疑いがあります。

また、緑色の目ヤニと思っていたら、膿がでている場合もあります。

このようにカラフルな目ヤニは、要注意です。

目ヤニの病気

出典:http://wanko.wev.jp/

目ヤニの異常により発見できる病気があります。

では、主な病気についてご紹介します。

 涙やけ【 別名:流涙症 】

涙やけとは、涙が異常にでる病気のことです。

涙やけの状態になると、目頭の毛が赤茶色に変化します。

  • マルチーズ
  • トイプードル

など涙の量が多い犬種には、よくみられる症状です。

  • 結膜炎( まぶたの裏と眼球を覆う結膜に炎症が起こる病気 )
  • 角膜炎( 目の表面を覆う角膜に炎症が起こる病気 )

により、併発することもあります。

涙やけの予防方法は、目ヤニをこまめに拭いてあげることで防ぐことができます。

 ドライアイ

涙の量が減り、目が乾く病気です。

免疫力の低下により発症することが多く、

  • 目が充血している
  • まばたきの回数が増えている

といった症状があるようならば、疑いありです。

 白内障

  • 目の水晶体が白く濁る
  • 視力が低下
  • 失明する

といった経過で発症する病気です。

ほとんどの原因は加齢ですが、糖尿病による合併症の場合もあります。

目をさわって雑菌が繁殖してしまうのも考えものですが…。

  • ゴミ
  • ホコリ

などが付着したまま放置して、発症してしまう眼病もあります。

こまめな観察とケアが目のトラブルを回避する近道です。

関連する記事は、こちら↓

ペットを守ろう!健康管理のすすめ

犬の健康を守るために【 耳編 】


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ