今から出来る!? 犬の健康対策5選

出典:https://artroot.jp/

愛犬にはいつまでも健康でいて欲しいと願うのは、飼い主であれば当然の事でしょう。

しかし、一体何をしてあげれば、愛犬は健康でいられるのでしょう。

そこで今回は、犬の健康対策についてご紹介します。

ドッグフードの見直し

犬の体を作る上で、最も大切な要素が毎日の食事です。

ドッグフードは、栄養バランスの取れたものを選びましょう。

犬の健康を考えたドッグフードを選ぶポイントは3つです。

 原材料の最初は「 肉 」が表記されている

原材料の初めに「肉」が記載されている事を確認して下さい。

肉の種類は、アレルギー反応がでにくい

  • チキン
  • ラム

が理想的です。

犬は肉食動物です。

原材料の最初に「 穀類 」が記載されていると、犬にとって

  • 消化・吸収が悪い
  • 毎食後に余計な体力を使う

身体に負担がかかってしまいます。

 「 無添加 」と表記されている

出典:https://www.イヌエモン.net/

ドッグフードは、

  • 添加物が少ない
  • 無添加

である事を確認して下さい。

ペットフードにおいては、添加物の使用に基準がありません。

賞味期限を延ばすために食品添加物を沢山使用しているドッグフードもあります。

 「 総合栄養食 」と表記されている

毎日の食事は、総合栄養食を与えて下さい。

ドッグフードには、

  • ドライフード
  • ウェットフード

など…。

様々なジャンルのドッグフードがあります。

ですが、すべてのドッグフードがバランスの取れたフードではありません。

犬が1日に必要な栄養バランスを考えて作られたドッグフードは、総合栄養食という表記がされています。

総合栄養食は、ほとんどどがドライフードです。

メインの食事は、ドライフードを与えると良いでしょう。

ブラッシングで健康チェック

ブラッシングは体をキレイにするだけではありません。

  • イボ

などの異常を発見する事ができます。

コームにイボが引っ掛かり、病気を見付ける事ができた犬もいます。

毎日の散歩

出典:http://wanwisdom.com/

健康を維持するため適度な運動は欠かせません。

  • 小型犬であれば、1日15分程度の散歩を2回
  • 中型犬であれば、1日30分程度の散歩を2回
  • 大型犬であれば、1日50分程度の散歩を2回

が目安です。

運動量は、犬種により差が生じます。

その犬に合った運動量を調節しましょう。

ストレスを与えない

  • 身体にあわないケージの中で生活をさせる
  • 特に理由もなく連日散歩をサボったりする

このような行動に対して犬はストレスを感じます。

ストレスは体と心、両方の健康を奪います。

極力、ストレスを与えない努力をしましょう。

予防接種

出典:http://news.livedoor.com/
  • 狂犬病
  • 混合ワクチン

による予防接種を行いましょう。

犬が掛かり易いとされる病気を防ぐ事ができます。

動物病院へ行くことで、

  • 獣医師による問診
  • 気軽なメディカルチェック

を受ける事ができます。

『 今から出来る!? 犬の健康対策5選 』まとめ

犬の健康は、日々の生活によって培われます。

毎日を健康に過ごす為にも、バランスの良い生活を送りましょう。

関連する記事は、こちら↓

犬と一緒に健康になるマッサージ3選

犬にノミが寄生してから駆除するまでの方法


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ