【犬編】ペット預かりでの1日の過ごし方について紹介!

【犬編】ペット預かりでの1日の過ごし方

と一緒に過ごす事が難しく、ペットホテル等の施設に一時的に預ける事があるかと思います。

今回は、犬がペット預かりで送る1日をご紹介します。

1. チェックイン

人間のホテル同様、チェックイン時刻を指定されます。

営業時間内であれば、都合の良い時間を指定できるのが、ペットホテルのメリットです。

また、動物病院に預ける際も同様です。

【チェックインにおける注意点】

混合ワクチン接種の証明書の提示を求められる事があります。

必ず持参しましょう。

2. 休憩

施設に慣れてもらう為、暫くの間、室内を散策させる事があります。

また、脱走防止の為、飼い主が退店後、直ぐに専用の個室へ移動する事もあります。

【休憩における注意点】

脱走が気に掛かる場合、直ぐに個室へ移動する様、依頼しておくと良いでしょう。

3. 運動時間

1匹あたり15~30分程度の散歩へ行きます。

施設内にドッグランを完備している場合は、外出をする事はありません。

犬が運動している時間は、ホテルスタッフが犬の部屋を掃除している事が多いです。

【運動時間における注意点】

他の犬が苦手な場合、事前にその旨を伝えておくと、他の犬との接触を避けられます。

4. 食事

食事の時間は、ホテルや動物病院により異なりますが、食事の時間を指定しておけば、いつもと同じ時間に食事を与える事も可能です。

【食事における注意点】

おやつは食事と一緒に出される事が多く、繁忙期は、おやつの時間を指定する事すら難しいでしょう。

5. 就寝

食事を終えた後は、吐き戻しや腸捻転を防止する為、翌朝まで、室内で過ごす施設が大半です

ペットホテルの場合、営業時間が18~21時までとなっている店舗が多い為、21時が就寝時間の店舗が目立ちます。

【就寝における注意点】

寂しさにより、夜鳴きをする犬もおり、あまりに大声で鳴く場合、飼い主へ電話連絡が入る場合があります。

6. 朝食

起床後、朝食となります。

朝は、水やトイレシートの交換等、部屋の清掃を行なうケースが多い様です。

【朝食における注意点】

車酔いをする犬は、チェックアウト当日は食事を与えない様、指定しておくと、犬の負担が軽減されます。

7. チェックアウト

指定した時間までに犬が出立できる様、預かっていた荷物や、カラー&リードを装着し、飼い主の迎えを待機します。

犬にとって、1番嬉しい瞬間でしょう。

【チェックアウトにおける注意点】

預けた荷物が揃っているか、その場できちんと確認しましょう。

帰宅後に確認し、荷物が足りなかった場合、紛失した荷物は見つからない事が多いです。

【犬編】ペット預かりでの1日の過ごし方について紹介!まとめ

今回は、ペットホテルと動物病院における、1日の要所をピックアップしました。

ペットホテルや動物病院に預けた場合、基本的には、1日の大半を指定された室内で過ごしています。

その為、犬にとって飼い主が帰ってきた時は、この上ない喜びとなるでしょう。

 

関連記事:犬の便秘を解消するために必要な知識4選

関連記事:犬と一緒に入れる!カフェでの正しい過ごし方3選

関連記事:犬と楽しく車に乗るための3つの注意事項


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ