【犬編】ペットシッターのサービスを紹介!

【犬編】ペットシッターのサービスについて

老犬や、自宅以外の場所で過ごせない犬等は、ペットシッターのサービスを依頼する事で、犬へかかるストレスを軽減する事ができます。

そこで今回は、におけるペットシッターのサービスをご紹介します。

1. ペットシッターは犬に対して行なうサービス!?

ペットシッターとは、犬だけでなく、猫や魚、小動物等、多種多様なペットのお世話をするイメージがあるでしょう。

しかし、多くのペットシッターは、犬と猫のお世話を得意としており、特別なお世話を必要とする魚や爬虫類は、不得手です。

お世話が得意なペットはHP等で確認が出来る為、事前にリサーチをしておきましょう。

2. ペットシッターがするお世話の時間は60分程度

ペットシッターは、飼い主の留守中、自宅にて、犬のお世話をしてくれます。

お世話の時間は、60分を区切りに料金設定がされている店舗が大半です。

また、お世話の内容に、飼い主に向けて送られる報告書の制作が含まれている場合もあります。

3. ペットシッターには散歩のルートを指定すると無難!?

ペットシッターを依頼する際、事前に、お世話を依頼する犬について、ヒアリングを行います。

ヒアリングの際、お世話を依頼する犬の散歩ルートを質問される事があります。

犬の中には、飼い主以外の人間との散歩を嫌う犬がいます。

その為、いつもと違う人間と、いつもと違うルートで散歩をすると、パニックを起こす事があります。

大型犬等、どうしても散歩が必要な犬種の場合は、性格な散歩ルートを指定しておくと良いでしょう。

4. 特別な性格をしている犬は、性格を詳細に伝えておきましょう。

『噛み癖がある』『食べ物を見ると、血相を変え、興奮してしまう』等、人間に迷惑をかけてしまう性格をしている犬の場合、その旨を、事前のヒアリングの際に伝えておきましょう。

多少の事では、依頼を断られる事はありません。

ペットシッターは、ペットのお世話をするプロです。

ヒアリングの際、犬の性格を考慮した上でお世話をする方法を見出してくれます。

【犬編】ペットシッターのサービスを紹介!まとめ

『大型犬』『多頭飼い』等、ペットホテルや動物病院では預かれない場合、ペットシッターの存在は頼りになります。

数日間、家を留守にする場合は、1度、依頼してみては、如何でしょうか。

 

関連記事:【ペットシッター】は、どんな資格?必要性や受験資格を徹底調査

関連記事:犬を迎える前に!知っておくべき飼育費用について

関連記事:犬に留守番をさせる3つのポイント


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ