犬のリードによって散歩は大きく変わる!リードの種類と使い方を解説

出典:http://shihtzulovers.blog.fc2.com/

犬を散歩させるために、ほぼ100%使用する散歩アイテムが犬をつなぐリードです。

リードが合っていないと、

  • リードを噛む
  • 飼い主が散歩しずらくなるほど頻繁に引っ張る

といった困らせる行動をとるようになります。

シーンに合わせてリードを選べば、犬がリードを嫌がることはありません。

そこで今回は、犬のリードについてご紹介します。

リードはシーンに合わせて4種類を使い分けよう!

リードとは、犬用の引き紐のことです。

散歩中に、犬の行き先を指示する上で欠かせないグッズです。

では、リードの種類についてご紹介します。

 スタンダードなリード

一般的なリードです。

  • 一本の紐状
  • 持ち手はループ状
  • 反対側には金属の留め具付き
  • カラーハーネスを繋ぐことができる

 伸縮できるリード

出典:https://shopping.yahoo.co.jp/

手元で紐の長さをコントロールすることができます。

  • 最長1~5ⅿ程度まで伸縮可能
  • 公園など広いスペースのある場所で使用できる
  • 街中の散歩には不向き

 マルチリード

  • リードをたすき掛けにできる
  • 長さ調整が自由自在
  • 腰に巻くことも可能

なリードです。

  • 大型犬のサブリードとして最適
  • 災害時などの両手を自由に使いたいシーンにも合う

という特徴があります。

 トレーニング用のリード

出典:https://www.amazon.co.jp/

最長30ⅿ程度まで伸ばすことが可能なリードです。

  • ボールやフリスビーをキャッチするトレーニング時
  • ランニングのトレーニング時

などの日常の散歩以外のシーン使用されています。

 

飼い犬がリードを噛むときの対処法とは?

犬がリードを噛む理由は、主にふたつあります。

では、それぞれの対処法をご紹介します。

 散歩が嬉し過ぎてリードを噛む場合→叱る

犬は、散歩へ出掛けるのが大好きです。

散歩好きな犬は、散歩している最中に、興奮してリードを噛んでしまうことがあります。

この興奮状態をゆるしてしまうと、犬は“ 主導権が自分にある ”と勘違いをします。

犬を叱ることで、“ リードは噛むものではない ”ということを教えてあげましょう。

 極度の不安によりリードを噛む場合→安心させる

出典:http://www.mgl.ac.jp/page_0142.html
  • 車の往来が激しい場所
  • 見知らぬ土地

でする散歩は、犬に極度の不安を与えます。

犬がストレスを感じているのを察知した時は、まず身体を撫でてあげましょう。

スキンシップをすることで、緊張が解け安心します。

この時には、決して叱らないようにしてください。

散歩の際には、犬と人間を繋ぐリードに、たるみをもたせるのがポイントです。

適度な距離感をもって散歩をしましょう。

関連する記事は、こちら↓

こんなに高機能なの!?見守りカメラ

犬をレンタルするには?料金・特徴・ルールについて


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ