犬を虫歯にさせないための知識3選

出典:https://wanpedia.com

虫歯の対処法は、人間の場合

  • 差し歯
  • 入れ歯
  • インプラント

などを使用します。

動物の場合は、

歯が使えないと、食物から栄養をとることができなくなり『 死 』に直結する問題になります。

今回は、犬の歯を健康に保つために備える知識である『 犬の虫歯について 』ご紹介します。

虫歯とは?

虫歯の定義とは、

歯垢に潜む細菌によって酸で歯を溶かすことです。

初期の段階では、ほぼ気付くことができません。

発見が遅くなってしまったときには、

  • 歯が茶色や黒色に変色
  • 歯の中から神経が透けて見えていることも

あります。

虫歯にならないために、毎日の歯磨きを欠かさず行って習慣づけしましょう。

歯の健康チェック方法 9選

飼い犬の歯に関する健康チェックは、日々の生活の中で確認できます。

では、簡単なチェック方法からご紹介します。

【 口内チェック 】

出典:https://wanchan.jp

歯の健康を確認するため、直接口の中を確認するのが一番効率的です。

 口臭

犬に口を舐められて悪臭がしたときは、磨き残した歯垢によって

  • 虫歯
  • 歯周病

になっている可能性があります。

 歯茎から出血
  • ささみ
  • ガム

などを与えたとき鮮血が付いている場合は、歯茎から出血をしている可能性が高いです。

 歯石がある
出典:http://news.livedoor.com

歯磨きが習慣付けられていない3歳以上の犬には、ほぼ歯石がついているといっても過言ではありません。

唇をめくったとき歯の根元が茶色や黒色をしていたら、歯石による影響です。

 歯が折れている

歯垢に潜む菌の影響は、象牙質まで及びます。

歯が徐々に脆くなり、最終的に折れてしまうことがあります。

【 仕草でチェック 】

歯に違和感がある犬は、普段の仕草にも違和感があります。

 顔を触らせない

歯が痛むため、スキンシップ好きな犬であっても、突然顔を触らせなくなることがあります。

 顔が腫れている
  • 神経が飛び出した歯
  • 歯が抜けた場所の歯茎

などから入り込み、

  • 目元

などへ悪い菌がとどまってしまうと、顔を腫らすことがあります。

悪化すると、腫れた箇所から膿が出てくることもあります。

【 食べ方 】

虫歯の影響による痛みは、食べている時に最も痛みを感じます。

 食べこぼす
出典:https://pet-note.jp

健康な犬は、ガツガツ食べていたとしても、ポロポロと食べこぼすことはありません。

痛みがある箇所を庇って、上手に食べられていない可能性があります。

 食事が遅い

犬は、はやく食事をすることが得意です。

ゆっくりとした様子で食事をしている場合は、虫歯になっている可能性があります。

 片方の歯で食べている

虫歯箇所を庇うため、片方の歯のみで噛み顔を傾けて食べる犬がいます。

 歯磨きの方法

歯磨きをはじめて犬にする場合は、手順があります。

まずは口の周りを優しく触ります。

犬が嫌がらないようであれば、歯に触れましょう。

歯ブラシを使用する場合も同様に、やさしく歯垢・食べカスをおとしましょう。

歯磨きで歯石を除去することはできません。

飼い犬が歯磨きをさせてくれない場合は、

  • 歯磨きガム
  • 歯磨き用おもちゃ

など、歯垢をとるためのグッズを使ってみましょう。

関連する記事は、こちら↓

チワワの飼育に役立つグッズは?知っておきたいBEST3!

犬が食べてはいけない食品・食材7選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ