犬に洋服を着せる4つのメリット

出典:http://money-academy.jp/

突然ですが、あなたは犬に洋服を着せることについて、どのように思いますか?

2000年代前半まで犬に洋服を着せるのは、動物虐待と言う方もいました。

現在では、多くの犬専門の洋服店があります。

そこで今回は、犬に洋服を着せるメリットについてご紹介します。

防寒対策

  • チワワを代表する原産国が暖かい国の犬種
  • ミニチュア・ピンシャーなどの短毛種

は、日本の寒い冬を自分の被毛だけで乗り切ることができません。

  • 風邪を引く
  • 体調を崩す

といったことがないように、洋服を着て、防寒対策をする必要があります。

氷点下まで冷え込む日には、

  • フリース
  • 裏起毛

などの防寒に特化した洋服を着せてあげましょう。

紫外線対策

出典:https://pepy.jp/
  • チワワなどの小柄な犬種
  • ダックスフンドなど短足な犬種

は、夏に肌が痛くなるほどの熱を感じてしまいます。

そのため、洋服を着て、紫外線対策をする必要があります。

猛暑日の日中に散歩へでかけると、アスファルトの照り返しにより火傷をすることもあります。

熱を反射する白い洋服を着せ、紫外線対策と同時に、肌の保護も行いましょう。

抜け毛対策

出典:https://www.min-petlife.com/
  • ポメラニアン
  • コーギー

などダブルコートの犬種は、換毛期に毛が大量に抜けます。

抜けた毛は飛散し、家中で毛が舞います。

そのため、犬に洋服を着せ、抜け毛が舞うのを少しでも抑えます。

犬の抜け毛のシーズンは、夏前と冬前です。

夏前は、暑くないように薄手の洋服を用意し冬前は、毛の成長を妨げないサイズの洋服を着せてあげましょう。

また、ドッグカフェなどペットOKのスポットへ出かける際にも、洋服を着せると良いでしょう。

ムダ毛が飛散し、他のお客さんに迷惑をかけずに済みます。

汚れ対策

出典:https://pepy.jp/
  • ペキニーズなど足が短い犬種

は、お腹や胸に埃や草の種などがつき、散歩の度に汚れることがあります。

毎回シャワーを浴びなくてもいいように、お洋服を着せて散歩をさせると良いでしょう。

梅雨時期には、毎日のように泥ハネ汚れが気になります。

その時期には、レインコートを着せると清潔です。

あなたの愛犬は、洋服を必要としていましたか?

犬は本来、洋服を着ている動物ではありません。

子犬の時期から洋服を着る練習をさせないと、洋服を嫌がるようになってしまいます。

愛犬をより快適に生活させるためにも、洋服を着る練習をさせても良いのではないでしょうか。

関連する記事は、こちら↓

犬と一緒に賃貸物件に住むための知識3選

一人暮らしで犬を飼う上での注意点5選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ