犬にトイレをしつける為の4つのポイントを紹介!

犬にトイレをしつけ為の4つのポイント

「犬のトイレのしつけは難しい。」と、考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、ポイントさえ抑えておけば、決して難しくはありません。

そこで今回は、犬のトイレしつける際に抑えておきたい4のポイントについてご紹介します。

ポイント1 ご褒美を用意する

まず、犬という生き物は『ご褒美』に滅法弱い事を念頭において下さい。

ご褒美の種類は、犬によって異なります。

食べる事が好きな犬であれば、おやつを与えたり、褒められる事が好きな犬であれば、オーバーリアクションで頭を撫でてあげて下さい。

トイレをしつける前に、犬がトイレに成功した際のシュミレーションを、飼い主がきちんとしておきましょう。

ポイント2 トイレの定位置を決める

きちんとトイレが出来ないお宅の犬は、トイレが人間の都合により変更されている事が多々あります。

トイレのしつけの際、『犬は臭いでトイレを覚える。』と、されていますが、何度か用を足していれば、トイレの場所も覚えています。

トイレの場所を繰り返し変えていては、犬が混乱してしまう為、1度決めたトイレの場所はあまり変更しない事をオススメします。

ポイント3 尿意・便意を、飼い主が察知する

犬は尿意・便意を催した際、『周囲の匂いをかいで歩く』、または、『くるくるとその場で回る』という行動をとります。

トイレシートでトイレをし慣れない犬の場合、トイレシートの上へ誘導しましょう。

間に合わない場合は、トイレシートを犬の下へ滑り込ませる事も、1つの手段です。

また、犬が便意を催し易くなるのは以下の通りです。

  • 寝起き
  • 食後
  • 運動後

ポイント4 失敗した際は、無視をする

トイレに失敗した際は、高い声で叱ってはいけません。

犬が「構ってもらっている。」と、勘違いしてしまう可能性があります。

トイレに失敗した際は、糞尿の臭いを消し、犬を暫く無視しましょう。

犬は集団行動を好む動物です。

その為、犬は大きな声で怒鳴られるより、無視をされる事の方が辛いのです。

トイレに失敗したら辛い思いをする事で、犬はトイレの場所をきちんと覚える事が出来ます。

 

関連記事:チワワのしつけはどうすればいい?困りごとを解決します!

関連記事:犬を迎える前に!知っておくべき飼育費用について

関連記事:犬が食べてはいけない食品・食材7選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ