無添加ドッグフード『 ナチュラルドッグフード 』まとめ

出典:http://enigme.black/

無添加であるドッグフードの『 ナチュラルドッグフード 』。

この度は、『 ナチュラルドッグフード×無添加 』のまとめを作成しています。

『 無添加とは、何なのか? 』

『 どういった特徴があるのか? 』

早速みていきましょう。

〇添加物

  • 酸化防止剤
  • 香料
  • 着色料

などが該当します。

長期的に摂取することで、犬にとって健康被害を起こすことが分かってきました。

「 無添加 」とは、添加物が使用されていないという意味です。

多くのドッグフードは、油でコーティングされています。

ある程度の期間保存しても品質を維持するためには、酸化防止剤は必要不可欠な成分です。

無添加ドッグフードは、この酸化防止剤に天然成分を使用することによって人口添加物を使わず製品を仕上げています。

●天然の酸化防止剤

出典:http://blog.livedoor.com/

無添加ドッグフードに使用されている天然の酸化防止剤は、

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • クエン酸
  • コーヒー豆摘出物

などです。

ナチュラルドッグフードには、〈 天然のハーブ 〉を使用しています。

この工夫によって、天然食材の抗酸化作用を利用し保存が可能になります。

人口添加物を使用しているドッグフードに比べて、設定されている賞味期限は短めです。

ナチュラルドッグフードは、1袋2㎏という容量です。

毎日の食事にナチュラルドッグフードを与えているご家庭であれば、この賞味期限内に与え切ることは可能ではないでしょうか?

〇無添加のドッグフードの特徴

無添加のドッグフードの特徴は、

  • 人が口にしても安心なヒューマン・グレートの食材が使用されている
  • 味がおいしい

という点です。

ナチュラルドッグフードは、

  • 厳選された10の食材を使用( +ヒューマン・グレード )
  • 嗜好性がたかく、食いつきがいい

以上の点から、飼い主が『 愛犬に与え続けてみよう 』と思えるようなドッグフードです。

ただし、全ての犬に合うとはいいきれませんから初めて与える際には食事の様子を注意深く見守りましょう。

いきなり種類替えをしてしまうと、犬は警戒してドッグフードを食べなくなってしまいます。

そうした事態を予防するためには、新しいドッグフードに慣れる期間を設けて( 1週間~10日ほど )新/旧ドッグフードを混ぜて与えましょう。

関連する記事はこちら↓

【 どうして食べないの? 】ドライフードの利点と欠点

ドッグフードの食いつきが悪い3つの原因


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ