犬と一緒に賃貸物件に住むための知識3選

出典:http://www.dogs.misawa.co.jp

犬の飼育頭数が年々増えていると共に、犬と一緒に生活ができる賃貸物件も増えてきています。

しかし、犬を飼育できる物件の数は決して多くなく、条件付きの物件も多いです。

そこで今回は、『 犬と一緒に賃貸物件に住むための知識3選 』についてご紹介します。

1. 犬と賃貸物件に住むためのルール

建物のオーナーさん(大家のこと)から家や部屋を借りて暮らす以上、ある程度のルールやマナーを守って生活をしなくてはいけません。

以下では、犬と賃貸物件に住むためのルールをご紹介します。

 柱やクロスにマーキングをさせてはいけない

トイレを毎回同じ場所でできるようにすることは、必要不可欠です。

オス犬に多いのですが、室内であっても部屋にマーキングをしてしまうのが犬の性です。

マーキングを一度許してしまうと

  • 柱が腐食する
  • フローリングが浮いてしまう

といった事態になる可能性があります。

持ち家であれば修繕のタイミング等は自己責任ですが…。

賃貸物件の場合、退去時に修繕費を請求されることが殆どです。

引っ越しの度に不必要な費用が発生しないように、トイレはきちんと教えましょう。

 吠え癖をつけてはいけない

日本は隣近所との距離が近いので、犬が吠えると近隣住民へ迷惑をかけてしまいます。

特に集合住宅の場合、犬の吠え声によるトラブルが絶えません。

チワワなどの小型犬は、警戒心が強くちょっとしたことで吠えることがあります。

  • しつけ教室に通わせる
  • 吠え癖の心配が少ない穏やかな犬種を飼う( フレンチブルドッグなど )

という方法で未然にトラブルを防ぐことができます。

2. ペット可物件について

出典:http://tsunayoshi.tokyo/

ペットと一緒に住める物件を「 ペット可物件 」などと呼びます。

以下では、「 ペット可物件 」の特徴をご紹介します。

 ペット飼育の可否は物件のオーナーが決めている

“ ペット可 ”の物件は、所有者であるオーナーが基本的なルールを設定しています。

その内容は、

  • 飼育できる犬種
  • 一緒に飼育できる頭数

などといった点です。

 マンションで大型犬を飼育できるケースは少ない

マンションなどの集合住宅では、

  • 生活音が下の部屋に響いてしまう

という懸念から、飼育を許可されるケースが少ないのが現状です。

 ペットを飼育していない住人もいる

“ ペット可 ”の物件であっても、住民全員が飼育しているとは限りません。

そのため、ペットを飼育していない方への配慮も忘れてはいけません。

3. ペット共生型賃貸住宅について

ペットが快適に暮らすための設備が整った賃貸住宅のことです。

  • 散歩の後に使用可能な洗い場
  • ドッグラン

など犬と飼い主の生活を快適にするサービスが充実しています。

  • 犬種や頭数を問わず入居できることが多い

という点もメリットです。

但し、入居する際には

  • マナー
  • しつけ

に関して、厳しい基準を設けている施設もあります。

以下は、ペット共生型賃貸物件の特徴をご紹介します。

 ペットの審査

既に飼育している犬や猫がいる方が入居をする場合、そのペットが行儀よく生活ができるか審査を行います。

吠え癖や噛み癖があると近隣住民へ迷惑をかけてしまうため、入居を断られることもあります。

 しつけ教室

  • 子犬
  • 既に飼育していて、しつけが必要な犬

を対象としたトレーナーによるしつけ教室があります。

しつけ教室がきっかけで、住民同士の交流のきっかけがもてます。

まとめ

  • 家賃
  • 入居条件

は、オーナーが基本ルールに沿って決定権があります。

  • 犬を飼育する場合の賃料
  • 敷金

は、増額して要求される可能性があります。

関連する記事はこちら↓

犬の健康を守るために【 耳編 】

【 家庭犬のしつけ訓練士 】は、どんな資格?必要性や受験資格を徹底調査


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ