胃腸の消化・吸収を助けてくれるキャットフードとは?

出典:http://curassy.com/

飼育しているネコちゃんに元気がないと「 胃腸が弱っているのかな… 」と心配になりますね。

毎食のキャットフードを与える時に、ひと工夫することで状況が改善されることがあります。

そこで今回は、消化・吸収を助けるキャットフードの与え方と種類についてみていきましょう。

胃腸の不調には、ビフィズス菌が有効

ビフィズス菌は、腸内環境を整えてくれる善玉菌です。

  • 便秘
  • 下痢

などの胃腸障害を起こしているネコちゃんは、大体のケースで善玉菌の減少があげられます。

この様な時に〈 ビフィズス菌 〉を与えてあげると、

  1. 腸内フローラが整う
  2. じきにお通じの改善がみられる

といい結果が期待できます。

ビフィズス菌は、

  • サプリメント
  • ヨーグルト

等のおやつに丁度いい食品から摂取できます。

乳酸菌が入った〈 牛乳 〉にも善玉菌を増やす効果は期待ができますが…。

  • アレルギー症状を引き起こしやすい
  • 肥満のきっかけになる

という危険性があります。

長期間にわたって与えることは避け、アレルギー症状に注意して少量ずつ与えてみましょう。

グレインフリーキャットフードを選ぶ

出典:https://peco-japan.com/

グレインフリーキャットフードとは、穀物不使用のキャットフードを指します。

ネコちゃんの先祖は、元々穀類をほとんど口にしてこなかった肉食動物です。

その名残で、いまでもネコちゃんは〈 小麦 〉〈 大豆 〉などの消化・吸収は身体に負担がかかります。

普段与えているキャットフードに〈 穀類 〉の表記があった場合は、試しに中止してみてください。

思ったよりも短期間で、体調が回復する場合があります。

着色料・保存料は避ける

安価な価格で販売されているキャットフードは、〈 赤色102号 〉〈 酸化チタン 〉などの添加物が使用されていることがあります。

その中でも〈 酸化チタン 〉には、

  • 発がん性物質である
  • アルツハイマーのきっかけになる
  • 不妊の原因になる

と、その危険性を訴える研究者も存在します。

人間が口にする食品については、一定の基準を設けて使用制限されていますが…。

キャットフードについては、どの程度使用されているのか曖昧であることが多いです。

『 胃腸の消化・吸収を助けてくれるキャットフードとは? 』まとめ

ネコちゃんの胃腸が弱っていることに気付いた時には、日ごろの食生活を振り返ってみてください。

そして、場合によってはキャットフードが合っていない場合もあります。

体調に合わせて選択してあげるといいでしょう。

関連する記事はこちら↓

低脂肪のキャットフードを上手に選択するコツ3選

【 安心の品質に良いお値段 】コスパの高いキャットフード2選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ