犬種専用ドッグフード「 ベストバランス 」の口コミや価格まとめ

出典:https://wanchan.jp/

ユニ・チャームが製造元であるドッグフード。

それが【 ベストバランス 】です。

今回は、『 カリカリ仕立て ミニチュア・ダックスフンド用 成犬用 チキン・野菜・小魚・玄米入り 』の、データをもとに紹介します。

ベストバランスの口コミ

ベストバランスは、嬉しいご意見から厳しいご指摘まで多くの口コミ寄せられています。

今回はその一部をご紹介します。

GOOD「 ベストバランスは、臭い軽減に役立つ! 」

ベストバランスに切り替えた嬉しい変化として「 愛犬の身体やウンチなどの臭いが前ほどしなくなった! 」という声が挙がっています。

BAD「 ベストバランスを与えてもあまり食べない 」

好みもあるのですが…。

あまり食べてくれないワンちゃんが多いようです。

ベストバランスの成分・原材料

出典:https://www.amazon.co.jp/

ベストバランス自慢の主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料である〈 肉類( チキンミール、鶏ミンチ、家禽エキス )〉によって、動物性たんぱく質を摂取します。

・ビタミン

ベストバランスは〈 肉類 〉からだけでなく、〈 野菜類( ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー )〉などの野菜からもビタミンを摂取できます。

・炭水化物

ベストバランスは、炭水化物〈 穀類( トウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米 )〉を使用しています。

・ミネラル

ミネラルは〈 鶏肉 〉だけでなく〈 玄米 〉を使用して、ミネラルを含む事に成功しました。

以下は、ベストバランスの成分分析表です。

タンパク質 21.0%以上
脂質 11.0%以上
粗灰分 8.5%以下
粗繊維 4.5%以下
水分 12.0%以下

エネルギー( 100gあたり )/ 約360kcal

ベストバランスの特徴

ここで、ベストバランスに含まれている成分についての特徴と危険性を表記していきます。

・穀類

ベストバランスは、肉食動物である犬が消化・吸収を苦手とする「 穀類 」が最も多く使用されています。

・ミール系

「 肉類 」「 魚介類 」のなかに含まれています。

 ミール系に含まれる危険性は、過去に悪質業者が「 糞 」「 羽根 」「 とさか 」「 くちばし 」などを加え( かさ増し )製造していることがありました。

いずれも人間が決して口にすることのない鶏の部位です。

・着色料

今回は、「 二酸化チタン 」「 赤色106号 」がこれにあたります。

「 二酸化チタン 」は、がん・アルツハイマーを引き起こす原因物質という説が一部で唱えられています。

「 赤色106号 」は、海外で使用禁止とされている物質です。

ベストバランスの価格

ベストバランスは、一社独占で販売されている商品ではありません。

よって、販売店により金額が異なります。

今回は、参考価格をご紹介します。

ベストバランスは、

  • 800g入りで560円( 税込 )( 400g×2袋セットの価格 )
  • 1㎏入りで820円( 税込 )
  • 2㎏入りで1,337円( 税込 )

の3サイズに分けて商品展開をして販売されています。

関連する記事はこちら↓

ドッグフードの食いつきが悪い3つの原因

安全なドッグフードの見分け方とは?意外な落とし穴を確認して安心


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ