ドッグフード「 カナガンとナチュラルドッグフードの比較 」のまとめ

出典:https://www.zehitomo.com/

カナガンとナチュラルドッグフードはともに優れたドッグフードですが、じつは全く違う特徴を持ったドッグフードです。

そこで今回は、双方のドッグフードを様々な観点で比較しながら【 まとめ 】を作成してみました。

順番にどうぞご覧ください。

①グレインフリー

カナガンドッグフードは、グレインフリーといって穀類が入っていないドッグフードです。

ナチュラルドッグフードは、アレルギーが起こりやすいものを選んで省かれています。

よって、全ての穀類が排除されたグレインフリーのドッグフードとはいえません。

飼い主の中には「 愛犬に食べさせるなら絶対にグレインフリー 」とこだわりをもっている方もおられます。

そういった飼い主はカナガンを選びます。

②カナガンとナチュラルドッグフードの原材料と成分の違い

*カナガンドッグフード*

骨抜きチキン生肉 26%
乾燥チキン 25%
サツマイモ
エンドウ豆
ジャガイモ
鶏脂 3.1%
乾燥全卵 3.1%
チキングレイビー 1.6%
サーモンオイル 1.2%
ミネラル
ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE)
グルコサミン 1000mg/kg
リンゴ・ニンジン・ホウレンソウ・オオバコ
海藻・フラクトオリゴ糖
コンドロイチン 700mg/kg
カモミール・セイヨウハッカ・マリーゴールド
クランベリー・アニスの実コロハ
出典:https://www.amazon.co.jp/
粗たんぱく質 33.00%
脂質 17.00%
粗灰分 9.00%
粗繊維 3.50%
炭水化物 32.5%
水分 8.50%

100g/約361.25kcal

*ナチュラルドッグフード*

乾燥ラム肉 23%以上
ラム肉 21%以上
玄米 19%以上
全粒オーツ麦
ベジタブル・ハーブミックス
全粒大麦
テンサイ
亜麻仁・ビール酵母
海藻
ラム精製油
出典:https://www.amazon.co.jp/
粗たんぱく質 31.3%
粗脂肪 12.1%
粗灰分 10.9%
粗繊維 3.3%
炭水化物 34.8%
水分 7.6%

100g/約334kcal

成分表をみると、

  • カナガンの方が〈 肉類 〉〈 たんぱく質 〉の含有量が多い
  • カナガンには、高齢犬にうれしい〈 コンドロイチン 〉が含まれていて関節をサポートする効果が期待できる

という比較ができます。

カロリーに関しては、両商品が300kcal以上なので

  • 適度な運動( 散歩 )を日常的に行う
  • 給餌量はパッケージの記載を確認し、与え過ぎに注意する

ということが肥満を防ぐことにつながります。

③ カナガン、ナチュラルドッグフードのそれぞれの特徴

「 カナガン 」「 ナチュラルドッグフード 」は、どちらも『 ヒューマングレードの食材を使用している 』という共通点があります。

それぞれの特徴は、

  • ナチュラルドッグフードは、生後7か月を過ぎてから与えることができる
  • カナガンは、離乳時期の子犬からも与えることができる

ということです。

どちらも犬種に関しては制限がありません。

多頭飼育をしているご家庭にとっては、うれしいドッグフードといえます。

関連する記事は、こちら↓

愛犬家に最高の評価!ドッグフード「カナガン」の口コミや評価まとめ

食いつき良好!!NDFナチュラルドッグフードの口コミや価格まとめ


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ