プレミアムドッグフード「 ユーカヌバ 」の口コミや価格まとめ

出典:http://rokisuke.blog12.fc2.com/

日本では、ペットショップ・ホームセンター等で多く取り扱いのあるドッグフード【 ユーカヌバ 】

今回は、『 ラム&ライス 1歳~6歳用 健康維持用 超小粒 』のデータをもとに紹介します。

ユーカヌバの口コミ

ユーカヌバは、嬉しいご意見から厳しいご指摘まで多くの口コミ寄せられています。

今回はその一部をご紹介します。

GOOD「 ユーカヌバは、食いつきが良い! 」

「 他社のドッグフードは食べないのに、ユーカヌバを与えると食べてくれる! 」という声が挙がっています。

BAD「 ユーカヌバで、体調不良!? 」

「 ユーカヌバに替えた途端、下痢・嘔吐を繰り返すようになった。 」という声が挙がっています。

下痢と嘔吐の併発は、ワンちゃんの身体がSOSサインを出している証拠だといわれています。

BAD「 ユーカヌバは、原材料が不安 」

家禽類動物性油脂などを使用していることから給餌を控える飼い主さんもいるようです。

ユーカヌバの成分・原材料

出典:http://www.rakuten.co.jp

ユーカヌバ自慢の主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料である〈 家禽類( チキン・ターキー )〉〈 ラム肉 〉によって、動物性たんぱく質を摂取する事が出来ます。

・ビタミン

ユーカヌバは、ビタミン類( E、C、β-カロテン、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B12、B1、ナイアシン、B2、B6、イノシトール、D3、葉酸、塩化コリン )が含まれています。

・炭水化物

ユーカヌバは、〈 発酵用米 〉〈 トウモロコシ粉 〉などを使用しています。

以下は、ユーカヌバの成分分析表です。

タンパク質 23.0%以上
脂質 14.0%以上
粗灰分 8.8%以下
粗繊維 4.0%以下
水分 10%以下

ユーカヌバの特徴

ユーヌカバの特徴として、ここでは成分が具体的に「 どういったものなのか 」という点に触れています。

・肉骨粉

病気・事故などで亡くなった動物( 時間が経過し、腐敗がすすんだものも )を使用している危険性があります。

・乾燥ビートパルプ

サトウダイコンの残りカスで、砂糖を製造する際にでる副産物

抽出時に硫酸系の薬品を使用している場合、残りカスの乾燥ビートパルプに残留している危険性があります。

・動物性油脂

上記で話題にでた肉骨粉から抽出された脂( あぶら )のことです。

・発酵用米 / トウモロコシ粉

両方とも穀類に分類されます。

穀類は、犬が消化・吸収を苦手とする食材です。

以上の危険性があり、メーカー側は「 一切ない 」と明言していないです。

以上のことから飼い主さんにとって、あまりオススメできるドッグフードとはいえないかもしれませんね。

ユーカヌバの価格

ユーカヌバは、一社独占で販売されている商品ではありません。

よって、販売店により金額が異なります。

今回は、参考価格をご紹介します。

ユーカヌバは、

  • 800g入りで1,490円( 税込 )
  • 2.7㎏入りで2,820円( 税込 )
  • 7.5㎏入りで5,130円( 税込 )

の3サイズに分けて商品展開をして販売されています。

関連する記事はこちら↓

今話題の【 アニマルカフェ 】とは、どんなスポットなの?

正しいドックフード選びのために。危険性とおすすめフード紹介


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ