【 話題沸騰!? 】生食キャットフード Q&A

出典:https://matome.naver.jp/

キャットフードは、グルメな飼い主さんとネコちゃんのため常に進化しています。

つい先日までは、セミモイストタイプのキャットフードを最新として認識していました。

いまは更に最新のキャットフードが登場しています。

そこで今回は、よくある質問別に生食キャットフードについて答えていきます。

生食キャットフードに関する質問その①「 生食キャットフードとは何? 」

生食とは、

  • 「 野菜 」「 肉 」などの食材を加熱しない調理法を採用している
  • 上記の調理法により「 ビタミン 」「 酵素 」「 必須脂肪酸 」「 アミノ酸 」などの栄養が熱によって失われず取り込める

という効率的に栄養が取れる食事です。

家庭でも一見できそうに感じるかもしれませんが、相当な知識を有するしカロリー計算も面倒です。

生食キャットフードであれば、手軽にバランスのとれた食事を与えることが可能になります。

生食キャットフードに関する質問その②「 食材は安心できるの? 」

出典:https://pepy.jp/

加熱処理していない生食の食材は、品質が気になるところですね。

生食キャットフードを販売している多くの製造メーカーは、人が口にしても安心なヒューマングレードの食材を使用しています。

この事実から生食キャットフードは、他のジャンルのキャットフードと比較して高品質であることがわかります。

「 開封後は2日以内に与えきること 」と保存状態についての注意書きもありますので、パッケージで確認してみてください。

生食キャットフードに関する質問その③「 食品添加物は使用しているの? 」

生食キャットフードは、食品添加物を使用していません。

「 ハーブ 」「 ビタミンC 」などの天然の食材を酸化防止剤として使用し、添加物を使用しない工夫をしています。

生食キャットフードに関する質問その④「 どうして生が良いの? 」

出典:http://hatenablog.com/

その答えは、猫がまだペットとして飼育される前の話にさかのぼります。

当時ペットフードは存在せず、猫は狩猟した新鮮な生肉を好んで食べていました。

そのため生肉のタンパク質は、猫にとって一番栄養を吸収し易いのです。

鮮度と品質を維持できるのであれば、生食は猫にとって理想の食事です。

生食キャットフードに関する質問その⑤「 常温保存で良いの? 」

生食キャットフードは、店頭で基本的に冷凍販売されています。

常温解凍することもありますが、常温保存はせずに一度で与えきる方が安心です。

関連する記事はこちら↓

【 本当に高評価なのか!? 】半生キャットフードの利点と欠点

今のままで大丈夫?キャットフードの上手な保存方法4選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ