さらに美味しくなったドッグフード「 ゴン太のふっくらソフト 」の口コミや価格まとめ

出典:https://peco-japan.com/

ドッグフード製造メーカーとして有名な株式会社マルカン。

そんなマルカンが提供する【 ゴン太のふっくらソフト 】について『 ゴン太のふっくらソフト 成犬用 』のデータをもとに紹介します。

ゴン太のふっくらソフトの口コミ

ゴン太のふっくらソフトは、様々なご意見と共におおくの口コミが寄せられています。

今回はその一部をご紹介します。

GOOD「 ゴン太のふっくらソフトは、安い! 」

ワンちゃんの毎日の食事代を安価で済ませたい飼い主さんから重宝されているようです。

BAD「 ゴン太のふっくらソフトは、防腐剤が多過ぎる!? 」

毎日与えるフードに対して、「 そこまで添加物が入ったフードを与えたくない 」という口コミがあります。

BAD「 体調の悪化 」

与えて一定期間経過したワンちゃんの変化で、「 下痢 」「 嘔吐 」を繰り返すケースがあります。

ゴン太のふっくらソフトの成分・原材料

出典:https://www.amazon.co.jp

ゴン太のふっくらソフトの主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料である〈 肉類( チキン等 )〉によって、動物性たんぱく質を摂取します。

・ビタミン

ゴン太のふっくらソフトは〈 肉類 〉からだけでなく、〈 野菜類( にんじん、かぼちゃ、ほうれん草等 )〉などの野菜からもビタミンを摂取します。

・炭水化物

本来肉食動物である犬にとって、炭水化物を消化・吸収することは困難です。

炭水化物は〈 さつまいも 〉〈 穀類( 小麦粉等 )〉が使用されています。

エネルギー消費が比較的穏やかな〈 さつまいも 〉によって、身体に負担がかからない工夫がされています。

以下は、ゴン太のふっくらソフトの成分分析表です。

粗タンパク質 13.5%以上
粗脂質 3.4%以上
粗灰分 11.0%以下
粗繊維 3.0%以下
水分 33.0 %以下

エネルギー( 100gあたり )/ 約260kcal

ゴン太のふっくらソフトの特徴

ここで、ゴン太のふっくらソフトに含まれている成分についての特徴と危険性を表記していきます。

・穀類がメイン材料

肉食動物である犬が消化・吸収を苦手とする食材で、成分中に最もおおく使用されています。

・「 〇〇等 」の表記

気になる「 小麦粉等 」「 チキン等 」という記載についてですが…。

これでは、小麦粉やチキンと一緒に何が使用されているのか不明確です。

・着色料

着色料「 二酸化チタン 」「 黄色5 」「 赤色106 」「 黄色4 」「 青色1 」が使用されています。

人間が口にする食品にも使用されていて、少量であれば問題ないのですが…。

一度に過剰に摂取することは、発がん性をもつ観点から禁止されています。

ゴン太のふっくらソフトの価格

ゴン太のふっくらソフトは、一社独占で販売されている商品ではありません。

よって、販売店により金額が異なります。

今回は、参考価格をご紹介します。

ゴン太のふっくらソフトは、

  • 1.25㎏入りで438円( 税込 )
  • 3.01㎏入りで718円( 税込 )

の2サイズに分けて商品展開をして販売されています。

関連する記事はこちら↓

安全なドッグフードの見分け方とは?意外な落とし穴を確認して安心

胃腸の消化・吸収を助けてくれるドッグフードとは?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ